ま ば ゆ い 色 と 光 と と も に
ガブリエル シャネルが愛したヴィラ、 ラ パウザ。 今もそこにある彼女の美学を テーマにした 今回のコレクションは、 暖かく花の香りのする空気を連れてくる。 きらめく陽光のような色をまとえば、 思い出すのは胸の中に 力が満ちてゆくあの感覚。 メイクアップで心に翼を描いて、 私たちはどこへでも飛び立てる――
ガブリエル シャネルが愛したヴィラ、ラ パウザ。 今もそこにある彼女の美学を テーマにした今回のコレクションは、暖かく花の香りのする空気を連れてくる。 きらめく陽光のような色をまとえば、思い出すのは胸の中に力が満ちてゆくあの感覚。 メイクアップで心に翼を描いて、私たちはどこへでも飛び立てる――

STYLE 1

STYLE 1

頰を、まぶたを、光で磨いてヘルシーリッチに

ただまばゆいだけではない、ライブリーなぬくもりを感じるラ パウザの光を随所にちりばめたなら?
ソレイユ ゴールドの囲み目に生命の鼓動で色づいたような頰。心の陰りまでも明るく照らし出し、自分の中に晴れやかな青空を広げて。
PRODUCT

MAKE UP TIPS

ソレイユ ゴールドのリキッドシャドウ(1)を目頭からアイホールにサッとのせ、指でトントンなじませる。
下まぶたにも中央から広げ、光の囲み目に。キワまできっちり埋めずラフでOK。チーク(2)は鼻の高いところを抜いて広く横長に。
そのままブラシで上下左右に磨きをかけて素肌に自然に息づかせる。さらにピンクゴールドのハイライター(3)を指で境目に叩き込むとにじみ出るような血色感が。
リップ(4)は唇の内側がやや濃くなるように直塗りして。

STYLE 2

STYLE 2

自分自身の輪郭を掘り起こすコートダジュールの光と影

きらめく情景を切り取った繊細なコントラストのアイパレットは、あなたという存在のアイデンティティをやわらかになぞりゆく。 どこか儚く、どうしようもなく惹きつけられる沈む間際の夕陽のように。見る者の心を強く捉えて離さない。
PRODUCT

MAKE UP TIPS

イリディセント プラチナム(1・左下)を上まぶたに広げ、ブラウン カーキ(1・右下)で目のキワを細くマーク。
ゴールド ハイライター(1・右上)を目頭に「く」の字に、さらにまぶたの中央にのせて立体感を強調。
アイホールのくぼみにはベージュ コッパー(1・左上)を広げ、ブラウン カーキ(1・右下)と混ぜて下まぶたも彩る。
チーク(2)は頰骨に沿って斜めに引き上げるように塗り、マチュアなムードと陰影を手に入れて。リップ(3)はラフに直塗りを。
ラ パウザにあふれる光に、 色があったなら?
ガブリエル シャネルにパワーを与え続けた
ラ パウザのきらめき。
それは時を超えて今、私たちをエナジャイズする

PRODUCTS

ラ パウザのポジティブなきらめきを纏う
2022年SPRING-SUMMER
コレクション全製品をチェック
PREV
NEXT
ガブリエル シャネルの心の還る場所であったヴィラに存在する色をグラデーションに。美しい太陽光のレリーフにも注目。
{{ item.productName_ja }}
鮮 や か で や さ し い 唇 の バ デ ィ
鮮 や か で や さ し い 唇 の バ デ ィ
ROUGE COCO BAUME ROUGE COCO BAUME
CHANEL ROUGE COCO BAUME
唇の乾燥をふわりとやわらげ、マスクの中の空気まで 穏やかに変えてしまう、時代が求めるリップボーム
ラ パウザに育つ木々へのオマージュとして、
地中海の島で採取された
オリーブ由来の成分(※1)を配合。
高濃度のポリフェノールやオメガ9が
唇を長時間保湿し、輪郭もくっきりと。
  • ※1 オリーブ果実油、オリーブ葉エキス、トコフェロール(保湿成分)
クリーンかつシンプル。 ただただ気持ちいい
微細なパールが唇本来の美しさを引き立てる純白のリップボーム。
シアバター※2に3種の植物由来のワックス※3を配合したベースはしなやかでベタつかず、心地よいうるおいが続く。
※2 シア脂(保湿成分) ※3 ホホバエステル、フサアカシア花ロウ、ヒマワリ種子ロウ(エモリエント成分)
使うたびふっくらなめらかな唇に近づけるから、いつもポーチの中に。
シャネル ルージュ ココ ボーム 912
¥4,730〈2022年1月7日発売〉/シャネル
ひと塗りでシアー、 重ねればセミマットに
カラータイプは南仏に咲く花々をイメージした彩り。唇をじんわり染めあげてナチュラルに色づくから、 マスクによる擦れやくずれも気になりにくい。(モデル使用色は924)

CHANEL ROUGE COCO BAUME

潤いと自然な色・明るさを唇にのせて
リップボームのニュースター、全7色で登場!
{{ item.product_num }}
{{ item.productName_en }}

INFORMATION

ラ パウザの光を感じて
ガブリエル シャネルが愛した南仏のヴィラ、ラ パウザ。朝・昼・夕と表情を変える、そこに降り注ぐ太陽の輝きを閉じ込めたような、2022年スプリング サマー メイクアップ コレクション。まばゆい煌きと、開放的で前向きな気持ちを運んでくれるカラーを、リリー=ローズ デップが纏う。暖かい日差しが待ち遠しくなるようなふたつのルックをぜひチェックして。シャネルの公式LINE友だち追加もお忘れなく。
STYLE {{ item.style }} | PRODUCT
PREV
NEXT