CULTURE&LIFESTYLE TOPICS

竹本織太夫×ロバート キャンベル対談、個性を滅した先に花開くもの

  • 2018年2月、東京、国立劇場の文楽公演で、襲名披露として「摂州合邦辻」を語った織太夫。右は三味線の鶴澤燕三(えんざ)。太夫と三味線は、舞台上手(かみて)に設えられた「床」と呼ばれるステージで語り、演奏する COURTESY OF NATIONAL THEATRE

  • 「摂州合邦辻」の舞台。命を吹き込まれた人形たちが熱演を繰り広げる。人形は3人で一体を操り、首(かしら)と右手を受け持つメインの遣い手は、“主遣い”と呼ばれる。左は吉田和生。右は桐竹勘十郎 COURTESY OF NATIONAL THEATRE

  • 2月の国立劇場ロビーにて。襲名祝いのお飾りには、政界、芸能界、アート界などの錚々たる名前が並んだ

  • ジル・サンダーのレザージャケットを着たキャンベルと、普段は革ジャン好きという織太夫。対談後はファッション談議で盛り上がった

The New York Times Style Magazine

The New York Times Style Magazine

T JAPANはファッション、美容、アート、食、旅、インタビューなど、米国版『The New York Times Style Magazine』から厳選した質の高い翻訳記事と、独自の日本版記事で構成。知的好奇心に富み、成熟したライフスタイルを求める読者のみなさまの、「こんな雑誌が欲しかった」という声におこたえする、読みごたえある上質な誌面とウェブコンテンツをお届けします。

Tags

ファッションの今、ファッションのその先へ

関連記事

You might also like...

RANKING

ALL

NEWS

SNS

EDITORS

FEATURE

WHAT'S NEW