ゲラルディーニと旅する、アルゼンチンドリーム

1885年、イタリア・フィレンツェに誕生したゲラルディーニ。「メイド・イン・イタリー」をポリシーに、130年以上にわたって優雅なバッグを生み出し続けている。老舗レザーブランドならではのクラフツマンシップを継承しつつ、テクノロジーを駆使した軽量・高機能素材の開発やカスタマイズバッグの展開など、新たなチャレンジを続ける。創設者ガリバルド・ゲラルディーニのスピリットは、現代も色褪せることがない。

2017-18年秋冬シーズンは、南米のライフスタイルとアルゼンチンの壮大な自然をインスピレーションソースに、自由や芸術、旅を感じさせるコレクションを発表した。SPUR.JPが注目したのは、首都ブエノスアイレスにある港町ラ・ボカ地区。さまざまな文化が交錯するカラフルなこの町をミス・ゲラルディーニが旅するとしたら、どんなバッグを手にするだろうか? イマジネーションを刺激する秋冬の新作を紹介する。

photography:Junai Nakagawa  styling:Masayo Kooriyama  text:Yoko Era