乗松美奈子の 「ミナコラム」

フレンチ・ホリデーの勧め〜ビアリッツ〜

  • 街で見かけたバスクのシンボル。右・バスク十字が刺繍された籠。左・バスクの民族衣装の一部、ベレー帽に見立てたゴートチーズ。特産物のエスプレット(赤唐辛子)をかけて。photos: Minako Norimatsu

  • 漁師の港(Le Port des Pecheurs)にて。右・こんなに可愛いのはただのイラストではなく、れっきとしたビアリッツ市の紋章。左・港には食堂が立ち並ぶ。photos: Minako Norimatsu

  • 水族館 右・ライトアップされた幻想的なクラゲの水槽。左・1時間も見入ってしまったのは、なごみのアザラシ一家。Aquarium de Biarritz photos: Minako Norimatsu

  • マキラ工房Ainciart Bergara右・ゴールドや貴石をあしらった、スペシャル・オーダー。左・革の持ち手がついた定番マキラ一連。工房訪問とオーダーのアポはメールで。atelier@makhila.com photos: Minako Norimatsu

  • アスカン(Ascain)にあるLartigue 1910 で織られるリネンは、丈夫でデッキチェアに最適。敷地内にはファクトリー・ショップも。工房訪問はアポ制。 contact@lartigue1910.com photo: Minako Norimatsu

  • サン・ジャン・ドゥ・リュズのパティスリー2件。右・キャラメルがウリのパリエス Pariès 9, rue Gambetta 左・ルイ14世の婚礼式で献上されたと言う元祖マカロン(いわゆるマカロンとは異なるビスケット)で有名なメゾン・アダンMaison Adam 4-6, place Louis XIV photo:s Minako Norimatsu

  • サン・ジャン・ドゥ・リュズで欠かせないアイテム。右・エスパドリーユの専門店は街中に数件。左・19世紀末創業のラファルグは、スタッズ付きの手作りのバッグが定番。Maison Laffargue 25, rue Gambetta photos: Minako Norimatsu

  • サン・ジャン・ドゥ・リュズで見つけた、アンティークのリネンとブラウスのブティック、イバン右・バスク特有の、背の低いグラスも扱う。左・リネンのコーナー。Iban 26, rue de la Republique photos: Minako Norimatsu

ファッション・ジャーナリスト 乗松美奈子

ファッション・ジャーナリスト 乗松美奈子

パリ在住。ファッション業界における幅広い人脈を生かしたインタビューやライフスタイルルポなどに定評が。私服スタイルも人気。

https://www.instagram.com/minakoparis/

ファッションの今、ファッションのその先へ

関連記事

You might also like...

RANKING

ALL

NEWS

SNS

EDITORS

FEATURE

WHAT'S NEW