乗松美奈子の 「ミナコラム」

45メゾンのデザイナー達の愛に溢れたアルベール・エルバス追悼ショー

  • 右:AZファクトリーのスタッフがアルベールに捧げた、最新コレクションより。彼のシンボルだった大きめのボウタイをつけたトリのルックを着たのは、アンバー・バレッタ。左:ファースト・ルックはアルベール自身のデザイン、AZファクトリーの2021年春夏コレクションより。

  • デザイナーたちからのオマージュには、日本勢も参加。右:コムデギャルソンのドレスは、アルベールがランバン時代にミニーマウスとコラボレーションしたことを思い出させる一点。左:トモ コイズミは、アイコニックな細かなフリルを、アルベールが得意とした大胆なラッフルに見立てた。

  • 右:アルベールが15年も在籍したランバンで、現在アーティスィック・ディレクターを務めるブルーノ・シアレッリは、アルベールの代表作を新たな解釈で。左:ドリス・ヴァン・ノッテンによるドレスでは、まるでアルベールがモデルと一緒に歩いている様に見える。

  • 若手デザイナーも、アルベールに作品を捧げた。右:ウエールズ・ボナーはシグネチャーであるテイラード・スーツを、アルベールが好んで着たスモーキング・スタイルで。左・テベ・マググはつば広の帽子とプリーツで、アルベールらしさを取り入れた。

  • 競合メゾンのビッグ・デザイナーたちが、こんなに楽しそうに一堂に会するのは稀なこと。フロント・ロウの面々は、右からマシュー・ウイリアムズ(ジバンシィ)、ピーター・ミュラー(アライア)、ピエールパオロ・ピッチョーリ(ヴァレンティノ)、ドリス・ヴァン・ノッテン、そしてドリスのパートナーのパトリック・ファンへルーヴェ。

  • ショーの前後には、Love Brings Loveのエプロンをつけたウェイターたちが、スイーツやミニバーガーを振る舞った。

  • 10日5日は、ショー会場にもLove Brings Loveのポスターが。ショー閉幕後、床を覆ったのはハート型の花吹雪と、AZファクトリーのロゴである変わりスマイリー。Photos: Minako Norimatsu

  • フィナーレでは、アルベールのポートレートを囲んで、モデルたちが各コンパートメントでポーズを取った。中段・ポートレートのすぐ右は、バレンシアガのデムナ・ヴァザリア。

ファッション・ジャーナリスト 乗松美奈子

ファッション・ジャーナリスト 乗松美奈子

パリ在住。ファッション業界における幅広い人脈を生かしたインタビューやライフスタイルルポなどに定評が。私服スタイルも人気。

https://www.instagram.com/minakoparis/

ファッションの今、ファッションのその先へ

関連記事

You might also like...

RANKING

ALL

NEWS

SNS

EDITORS

FEATURE

WHAT'S NEW