双子座(5/21~6/21生まれ)

新しい時代の風を舳先で感じ、
可能性だらけの世界に飛び立つとき

双子座さん、ボンジョルノ!
あなたの2020年は「いろいろ制限はあるものの、守られているといえば守られているから、ここは感謝すべきよね」と、自分に言い聞かせる日々ではなかったでしょうか? しかし、同時に心の中には「正直言って窮屈だし、何か違うと思うんだよね」とモヤモヤする気持ちもあったはず。たとえば、立場が上の人たちの発言や日々の報道に「そうかなぁ?」と疑問を感じたり……。でも、それを素直に口にすると「守られなくなるかもしれない」から黙っている……そんな日々ではありませんでしたか?

2020年12月第3週に、土星と木星が続けて星座を移動すると、双子座さんが暮らしているお城の扉が開き、フレッシュな風が勢いよく吹き込んできます。そしてあなたはほうきにまたがり、お城の外の広い世界へと飛び立っていくでしょう。ブラボー!
これから始まる「『風の時代』は地球を覆っていたシールドがはずれ、宇宙のエネルギーがダイレクトに流れ込んでくる。宇宙の法則がきいてくる」時代です。双子座さんはその変化を肌で感じやすく、流れに乗りやすいポジションにいます。つまり、船にたとえて言えば、船内や船尾ではなく、舳先にいる人です。
温めていたプランや自分の考えていたことが、時代の流れと一致していると思ったら、またはワクワクしてじっとしていられないほど好奇心が高まったら、どんどん行動してみましょう。
あなたが自分の内側から湧いてくるトキメキに従って行動すればするほど、新しい可能性の扉が開きます。1月~2月は冒険心と不安の間で心が揺れますが、3月~4月中旬には羽ばたきたい気持ちが勝利。Come on, take off!

しかし、意気揚々と挑戦していくうちに、語学力や知識の不足といった「壁」に突き当たる暗示もあります。ここであきらめますか?もったいないですよね? 2021年に遭遇する「壁」は乗り越えるために存在し、その先にはきらめく星空のように無限の可能性が広がっています。「学び」もこの一年のテーマなのです。
たとえば、歴史を知らないまま旅をして、美術館や博物館を訪れるのと、ある程度の知識を得てから行くのでは、得られる感動や情報の密度が違うでしょ? また、ほかの国の言葉が理解できると世界の見え方が変わるだけでなく、出会える人や得られるチャンスも段違い。「学ぶこと」は、いくつになっても新しい扉を開くカギで、飽きることのないバラエティ豊かな人生へとつながっているのです。
追い風をもたらしてくれる木星と土星の影響で、2021年に学んだことは普段よりもずっと早く、深く身につきます。どちらかというと、ネットサーフィンをするように広く浅く多種多様な情報に触れるのが好きな双子座さんですが、2021年はあえて真逆のパターンが◎。あなたが興味を持っている―または働きたいと思っている―国の言葉や、関心のある分野を学び、掘り下げてみると、この先の人生がグッと面白くなりますよ。

さらに、学びを深めると人生だけでなくアモーレも花開きます♥ 2月、5月、8月下旬から9月上旬、10月中旬から11月頭とチャンスは豊富。あなたが習得したい言語が母国語の人や、学んでいる分野にあなたより詳しい人がお相手かも。あなたの「習得度合い」に応じて会話の弾み具合も変わり、距離が縮まるなど、恋愛ドラマさながらの展開もあってきっと楽しめるわ!
お仕事も追い風♪ 今までは言いにくかった疑問や新機軸の提案は、軽いノリで積極的に口にするほうがいいでしょう。あなたが組織の停滞を防ぎ、未来を切り開く人物になるかも―特に5月~7月。

POINT DAY

  • 4/12
    斬新な挑戦や提案はこの日から1週間以内に
  • 6/10
    迷いが吹っ切れる決断の日
  • 10/20
    小さな勇気と笑顔が恋の行方を変える!?

おすすめの
「ハートメルティンなアクション」

  • 1
    目的地を決めずに日帰り旅行
  • 2
    「#行きたい場所」をフォロー
  • 3
    外国語の好きな曲を完コピ!
  • 4
    登山orスカイダイビング

チャンスがやってきたら、すかさずダイビングキャッチする行動力と、自由な発想とが2021年の双子座さんの幸運のカギ。普段から、行き先を決めない気ままな日帰り旅行を楽しんで、心と体を慣らしておきましょう。外国と縁がある年なので、SNSで「#行きたい場所(街、土地、国)」をフォローして情報収集すると、実現が早くなるかもしれません。外国語の歌の完コピは脳がほぐれて、無意識の中の「制限」がはずれる予感。雄大な景色を見るためのアクティビティもぜひ。

双子座の月運
(毎月1日と15日に更新!)