獅子座(7/23~8/22生まれ)

キャッチコピーは「獅子座さん、現る」。
本来の自分のままで愛され、流れに乗る

2020年は忙しかった……ですよね? 2019年からあなたはキャリアの転換期に入っており、2020年は選抜メンバー入り。お楽しみを後回しにして頑張り続けるワーキングタイムでした。
獅子座の本質を考えると、奉仕的な働きを求められる日々は、面白くなかったかもしれません。でも、それによってプロとして必要なスキルや、どんな状況でもアベレージ以上の結果を出すコツ、心と体を健康に保つ習慣が身についたと思います。今のあなたは実力と自信に満ちあふれているはず。お疲れさまでした!

一転して2021年のキャッチコピーは「獅子座さん、現る」。過去6年間は―どちらかというと―自分の成長や個人的な関心事に意識が向いていましたが、これからあなたは世に出て、さまざまな人と関わっていきます。たとえるなら「アイドルの練習生」から「デビューしたプロアイドル」になるわけです。注目を浴び、関わる人の数もぐっと増えます。ときにはライバルと比較されて厳しい指摘を受けるかもしれません。
しかし、獅子座さんと仲よくなりたい、応援したい、サポートしたいと思っている人たちも大勢現れます。その中には将来のパートナー候補も―2月、6月下旬~7月中旬の出会いは期待できます。また、あなたの未熟な部分をフォローし、ときにはいさめてくれるメンターも出現。この人のアドバイスは役に立ちますよ!
いずれにせよ、2021年は人と一緒に歩んでいく流れ。楽しい時間も苦しい時間もあなたの周りには人がいます。むしろ「たまには一人になりたい」と思うくらいです(笑)。

なお、好感度を高めるために自分を飾る必要はありません。2021年は「本来の自分のまま」でいてこそ、愛に恵まれ、流れに乗れるとき。
獅子座はもともと自己肯定感が高く、自分にも他人にも寛大ですが、ファッションや趣味趣向は独創的。それゆえ同調圧力が高い社会の中では―その個性ゆえに―浮いてしまうことがあります。そのため実際はライオンなのに、猫や犬のかぶりものをかぶっている獅子座さんが少なくありません!
今、ドキッとした獅子座さんは、もうそれ、やめましょう。かぶりものをつけていたら偽物臭がするだけで、あなたの魅力や才能は輝きません。『風の時代』は「みんな違ってみんないい」時代。あなたのことが好きで、応援したいと思う人たちは、明るさやカリスマ性だけでなく、ユニークな表現や、ときに場を凍らせてしまうマイペースさも面白がるでしょう。そして、少々浮いている自分に気づいても悪びれずに笑っているおおらかさに勇気づけられるのだと思います。遠慮なく、これからも「私は私♥」でいましょう。
なお、5月半ば~7月末には、あなたの「世間体抜きの本音」や「秘密」に共感してくれる人が現れて、大きな安らぎや魂の一体感を感じる暗示もあります。ブラボー!

人間関係とアモーレに焦点が当たる2021年ですが、特にアモーレは8月末までにおおかた結論が出る見込み。ライオンのお嬢さま、狩りの追い込みは7月ですよ。7月24日までに決着がつかないなら、8月上旬にしっかり意思表示を。すると、8月22日には白黒はっきりするでしょう。
お仕事は「世に出る」→「人気か支援(予算)ゲット」→「9月~10月に大規模プロモーションや交渉で大忙し」→「11月に成果を手にする」の4ステップ。完璧でいようと気を張るより、ベストを尽くしつつ「苦手な部分は助けていただく主義」でいるほうが、万事スムースに進むかもしれません。

POINT DAY

  • 1/29
    うまくいかないやり方は全部手放そう!
  • 8/8
    自分が本当に求めている幸せのカタチに気づきそう
  • 11/19
    仕事の成果が出る日。ガッツポーズ!?

おすすめの
「ハートメルティンなアクション」

  • 1
    部屋にバラを飾る
  • 2
    肌を美しく見せるピンクを見つける
  • 3
    『ローマの休日』を観る
  • 4
    ボリウッドダンスを踊る

2021年は、あなたのエレガンスとキュートな魅力が花開くとき。まずは部屋にバラを飾って、その美しさと香りに毎日うっとり――ついでに鏡の中の自分にもうっとり♥ また、2021年のラッキーカラーは肌タイプにかかわらずピンク。自分を美しく見せるピンクを探して身につけてみて。「エレガンス」と聞いて目が点になった人は『ローマの休日』を観てワルツを踊り、レディな自分を発掘しましょう。ウエストが引き締まるボリウッドダンスも2021年の気分にフィット。

獅子座の毎月12星座占い