蠍座(10/24~11/21生まれ)

運命の流れにYESと言って従おう。
アルカイックスマイルな猫のごとき平安

パンデミック下の2020年、蠍座さんは近隣を歩き回りながら、自分が住む街に改めて愛着を持ったり、自分たちの「街」を守るためにできることについて考えたのではないでしょうか。もしくは自宅に引きこもって―今後の人生で役立つ―勉強に明け暮れていたかも。年の後半はひたすら仕事やコミュニケーションで忙しかったですよね?
2020年は玉石混交な情報の渦から「ホンモノ」と「役立つ情報」だけをセレクトし、ジャンク情報をスルーする眼力を身につける必要がありました。というのも、今年のあなたは発言力が絶大で、友人知人や同僚はもちろん、広く「世間の人たち」にも影響力を及ぼす流れだったからです。言葉や情報は内容次第で、関わることになる人の層が変わります。それゆえに発言には気を使い、ときにはSNSの可能性だけでなく恐ろしさも感じたことでしょう。

一転、2021年は運命の流れにYESと言って従うタームに入ります。蠍座さんは「自分で状況をハンドリングしたい欲」「コントロール欲」が強いほうですが、2021年は完璧な宇宙のシナリオを信じて自分のやり方を手放し、流れに身を任せるべき。というのも『地の時代』に培ったノウハウやスタイルは『風の時代』には通用しないから。むしろ、それを手放すことでようやく「想像すらできなかった新たな世界」に導かれるのです。
それが何であれ、拳を握りしめるのは損。もしもジェットコースターのような展開が訪れたら、必死で安全バーにしがみついて縮こまるのではなく、両手を上げて全身で楽しみましょう。ヒャッホー! ちなみに1月~2月は対人関係で動きがあって騒々しいですが、あなたが穏やかでいると落ち着くべきところに落ち着く模様。来るもの拒まず去るもの追わずの姿勢で、安らいでいましょう。

そう、蠍座さんの場合『風の時代』のスタート年は、アルカイックスマイルを浮かべた猫のようにマインドフルネスでいることが最重要。どこにいても、何を見ていても、常に自分軸で、自分の心の状態を観察しましょう。心が湖の水面のように穏やかでリラックスしていれば、自然と最善な選択ができるときです。一方、そわそわイライラくよくよする気持ちに浸り続けていたら、自分のホームグラウンドに波風が立つ経験や、大きな判断ミスをしやすくなります。『風の時代』に順応するトレーニングとして、瞑想や呼吸法を日常に取り入れてみるといいかもしれませんね。
また、2021年は自分の家や家族を持ったり、家をリフォームしたり、居心地のよい場所に移住したり、故郷に戻ったり、安心して帰属できる場を持つのに最適な年。水瓶座の木星・土星の影響で「本当に信頼できる、身内と思える人たちと生きていきたい」という気持ちが強まります。個人的な生活を最優先したくなりますし、家族との関係がギクシャクしていた人はあつれきを解消するチャンスが到来――特に7月下旬~8月中旬。仕事も少数精鋭のドリームチームで活動したり、あなたが中心となって「大きな家族」のような人間関係を広げていく可能性が。
5月半ば~7月末には、幸福ホルモンが出まくるアモーレや愉快で笑いが止まらないアドベンチャー、創作活動で新境地を得る暗示がありますが、それもこれも心の安寧があるから楽しめる模様。

しつこいようですが、2021年は外の世界の動き――情報も人の反応も――に一喜一憂せず、超然と自分の心と生活を整えることに集中を。動揺したら猫のようにすぐ毛づくろいをして――自分にとって心地よい、ホッとできることをするのです――落ち着くこと。「私は大丈夫」という感覚をキープできるようになりましょう。

POINT DAY

  • 2/12
    過去を手放すか、過去の見え方が変わる日
  • 4/24
    「うわぁ苦手」が「やだ、魅力的♥」に変わる暗示
  • 11/5
    2022年に向けて新たなビジョンが湧いてくる!?

おすすめの
「ハートメルティンなアクション」

  • 1
    ガーデニングかキッチンハーブ栽培
  • 2
    有能な調理器具を揃える
  • 3
    DIYを始めてみる
  • 4
    近所の「行きつけ」を増やす

2021年のハートメルティン要素は、主に自宅と自宅周辺にあります。コンテナガーデンを作ったりプチトマトを栽培すると、育てる楽しさに目覚めそう。週末にカントリーサイドで農業体験するのも新鮮かも。また、料理が楽しいときなので、お金をかけるなら有能調理器具に。DIYもあれこれ工夫するのが面白く、新しい世界を開いてくれそう。ヴィンテージ風の棚など制作してみては? 近所に心地よく過ごせてくつろげるカフェやビストロを増やすと、安心感が増します。

蠍座の月運
(毎月1日と15日に更新!)