乙女座(8/23~9/22生まれ)

『風の時代』の私の使命はこれ!
伴侶と出会う可能性も高いとき

乙女座さんの2020年は「フリースタイルダンス」がテーマでした。誰かがつくった振り付けを指示どおりに踊るのではなく、自分で自由に踊りたい―そんな衝動が湧いてくる一年だったのです。
たとえば、ステイホームを逆手にとって、パートナーとラブラブな時間を堪能したり、大好きなドラマや映画、創作活動にハマって昼夜逆転。すっかり生活リズムが崩れるなど、2020年はあなたの「自主規制」が愉快なまでに崩れていったでしょう。
しかし、もともと乙女座はある程度、決まった「役割」や「ルーティン」があるほうが動きやすい人で、フリースタイルには慣れていません。そのため、跳躍しすぎて舞台から落っこちたり―たとえば―結婚の話も出ていないうちにベビーに恵まれるなど、想定外の展開も……。しかし、それでもいいのです。最初からパーフェクトを求めていたら、自分らしいスタイルや表現は生まれませんし、「OK」と「やりすぎ」の境界線もわからないまま。今年は自由に行動することに意義があり、好きなようにやってみることで自分のオリジナリティを際立たせ、自己肯定感を上げることがポイントでした。今のあなたには「本当に好きなこと、好きな人、寝食を忘れるほど没頭できること」だけが残ったのでは?
さて、木星と土星があなたから見て「乙女座の本来の場所」に滞在する2021年は、前年よりもハンドリングしやすいエナジェティックな一年になるでしょう。長所を生かせる新しい役割が割り振られて―もしくは自分から立候補することで―日常に心地よいリズムが戻ってきます。これから始まる『風の時代』の世界で「私が貢献できることはこれ」と、魂の成長につながる使命やライフワークが見つかる予感も。
まず、2月はあなたの直感と適切な対応によって、会社やパートナーが危険を回避できたり、スムースに新たなやり方にシフトできる暗示。2月上旬〜中旬の違和感は宇宙からの有益なメッセージですから、絶対に無視しないように!

同じ時期に今の職場に見切りをつけ、退職or転職する人もいるでしょう。2021年は就職や転職の大チャンスでもあります。特に1月〜2月は引きが強く、2月上旬〜中旬の交渉を経て、乙女座で満月が起きる2月27日前後、もしくは契約締結の暗示がある3月半ばにスパンと決まるかもしれません。なお、就職先探しは今までの成功法則にとらわれないことがカギ。会社の規模や福利厚生の好条件よりも、唯一無二の技術を持っている企業や、ユニークな人&楽しそうに働いている人が多い会社に注目を。

また、2021年の春から夏にかけてはアモーレのシーズンでもあります。ラララ〜♪
詳しく説明すると、実は2020年~2022年は乙女座さんが人生の伴侶に出会い、新しい暮らしをスタートさせる可能性が非常に高い3年間。まだ「出会っていない」人も、2021年2月下旬~3月中旬、5月半ば~7月末にピピッと閃く相手に遭遇するかもしれませんし、すでに出会っている人は「特別な縁のある相手」としてお互いを認識するでしょう。カップルも結婚を意識する気配が。しかし、形にはこだわらないほうがよく、週末婚のようにフレキシブルで、結婚が重荷にならない自分たちらしいスタイルがベスト。

心が花盛りな春と初夏を過ぎ、夏から再びお仕事に全力投球。8月~9月は狙いを定めて攻めるとき。10月末以降は堰を切ったように勢いよくプロジェクトが進んでいくでしょう。
また、2021年は体の悩みを根本から改善するチャンス。東洋医学やエネルギー療法など、体質から改善できる根治療法を試しつつ、食生活と運動習慣も見直してみては?

POINT DAY

  • 3/13
    キュン♥ そう感じているのは相手も一緒みたい
  • 8/22
    思わずガッツポーズ。頑張りの成果が出ます
  • 9/7
    この前後に浮かんだアイデアは即、行動に移すべき

おすすめの
「ハートメルティンなアクション」

  • 1
    ラジオ体操or朝ヨガを日課に
  • 2
    本気の腸活でヘルシーに
  • 3
    凛々しい制服姿にときめく
  • 4
    お寺で座禅or写経

乙女座さんの2021年は「規則正しく健康的」がすべてのカギ。夜のルーティンを朝に移して早寝早起きスタイルに変え、ラジオ体操や朝ヨガでフレッシュな一日を始めましょう。腸の調子が免疫力やマインドの状態を左右するときで、腸活オタクになるとメリット大。発酵食品から腸マッサージまで、あれこれ試してみて。また、制服スタイルにキュンとくるときなので航空ショーとか見に行ってみちゃう? お寺で座禅や写経の休日を送ると、自律神経が整って背筋もシャキッと。

乙女座の月運
(毎月1日と15日に更新!)