海と山、そして地球。私たちはつながって生きている

バスルームからクリーンビューティ

日々、深刻になっている海洋汚染問題。私たちが毎日使うバスアイテムこそ、海の環境に大きな影響を与えている。
地球のために、自分ができることを考え、一歩ずつ歩みを進めていこう。

梶原建二と“サステイナブル・コスメティックスの今”を考える

まずは自分ができるリデュースとリユースを

 私たちができる環境対策にコスメティックス選びがある。クリーンビューティにコミットしている製品を選ぶのもひとつの方法だ。今回は、海洋汚染の原因にもなり得るバスアイテム使用後の“排水”に注目。そこで、ニールズヤード レメディーズ代表取締役 梶原建二さんに話を伺った。梶原さんは、ノーベル賞受賞者である元アメリカ副大統領アル・ゴア氏が立ち上げ、会長を務める「クライメート・リアリティ・プロジェクト」に参加。東京トレーニングを受講し、プロジェクトリーダーとなった人物だ。

 「確かにスクラブ剤などに含まれるマイクロプラスチックは、下水システムを介しても海に流出してしまいます。しかし、これは各社の取り組みでだいぶ軽減されています。現在、海洋汚染の大きな原因はプラスチックゴミです。2050年には、このゴミが魚の数よりも多くなると試算されているほど。廃棄されたプラスチックは物理的な刺激などで壊れ、マイクロプラスチックになる。これを魚が食べ、その魚を人間も食べる。日本人にとって魚は重要なタンパク質のひとつ。そもそも、日本の海が豊かなのは山があるから。ミネラルを豊富に含んだ海の水蒸気が山に降り注いで樹木を育て、それが海に返ってプランクトンから魚につながる。このエコシステムは日本の海が“海の森”と言われるゆえん。海洋汚染は山、ひいては我々に戻ってくるのです」

 とはいえ、「自分はプラスチックゴミをその辺に捨てていないし、リサイクルに回しているから大丈夫」と考える人もいるかもしれない。しかし、「リサイクルすればいいと思っていたら物の消費量は変わりません。まずはその考え方を変えてください。今すべきなのはリデュースとリユースです」

 リデュースとは、製品を作るときに使う資源の量や廃棄物の発生を少なくすること。リユースは、使用済み製品やその部品等を繰り返し使用すること。これらを意識するだけでも環境への負荷を軽減することができる。

製品の背景を知り、成分を確認して選ぶ

 「環境問題に対し、全部が全部解決できると思わないでください。“唯一”の方法はなく、数百、数万の解決法があるのです。私たちにできるのは自分が取り組めることを持続的に行うこと。環境の話は健康の話とよく似ていて、健康のありがたみは病気にならないと気づかない。環境問題も同じで、自分たちの生活に直結しないと感じない。今は症状が出ていないけど、負担のかかる生活をし続けることで病気は進行し、表面に出る頃には手がつけられないことに。そうならないためにも、今からできることをするのが大切なのです」

 私たちにできること。たとえば、リデュースされた製品を選んだり、プラスチックゴミの量を減らすために、リユースできるボトルを選ぶというのも立派なサステイナブルと言える。

 「企業というのは消費者の選択で変わります。だからこそ製品の背景を知り、配合成分を確認する。私たちがそういった製品を選択することで社会が変わり、それが未来を変える一手に」

 さらに、梶原さんは、サステイナブルライフは、喜びを感じないと続けられないと言う。

 「今日行った『よいこと』を自分自身の中で積み上げていく。それが喜びとなり、 結果、環境へと返っていきます」

 私たちの今日の行いが明日へ。化粧品ひとつでも意識を変え、行動することで地球の未来を変えることができる。

ITEMS

かじわら けんじ●ニールズヤード レメディーズ代表取締役。英国生まれの「ニールズヤード レメディーズ」を1985年に日本で展開開始。オーガニックライフの概念を日本に広め、サステイナブルの啓蒙を続ける。