チャリティ写真販売連載

自分のために、誰かのために、アートで手をつなごう

写真をる生活

生活の中になくとも困ることはないのかもしれない。でも世界には、ひと目見ただけで心を動かされる写真が確かにある。そんな自分にとっての、特別な一枚を飾り楽しむということは、きっとすごく贅沢で意味のあること。もしそれが自分だけではなく、誰かのためにもなるなら殊更だ。そんな思いから、“写真を飾る”ことがチャリティにつながる連載企画をスタート。作品の限定販売を行い、売り上げのすべてと、SPURから写真1枚につき1万円を、作品のテーマとも通ずる慈善団体へ寄付する。第1回は、横浪修さんの『ASSEMBLY SNOW』。寄付先は子どもを支援するNPO法人ブリッジフォースマイル。横浪さんの思いを聞き、写真の可能性についていま一度考えたい。

作品 No.1:『ASSEMBLY SNOW』¥ 30,000>>Bridge for Smile

今月のフォトグラファー

横浪 修さん

よこなみ おさむ●1967年、京都府生まれ。1987年に大阪ビジュアルアーツを卒業後、1989年に文化出版局写真部に入社。中込一賀氏に師事。現在はSPURをはじめとしたさまざまなファッション誌や広告、アーティスト写真、CDジャケットなどを手がけている。また作品は海外でも注目を集めており、国外での写真集の出版や広告撮影なども。2019年には台湾で大規模個展を開催。LAにあるパリホテルの一室にも作品が飾られている。

今回ご紹介する写真作品(額装なし)は、
集英社 HAPPY PLUS STOREから購入ができます。

完売しました

写真が、まだ見ぬ誰かとのつながりを作ってくれる

 アノニマスな女の子たちが自然の中にいる様子を捉えた 『ASSEMBLY』シリーズ。美しい風景と人物の対比から浮かび上がったのは集団が持つ強さだった。
「同じ構図で1000人の少女を撮った『1000CHILDREN』では、個人を掘り下げているんです。格好や背景など条件を一緒にすることで、それぞれの個性が見えてくる瞬間を撮りたかった。そこから転じて『ASSEMBLY』では、遠くから集団を見ると一人ひとりのパーソナリティは消えて、グループとしての強さと美しさが出てくることをテーマにしています。きっと人が集まりつながることで、個人では出せないパワーが生まれるんですよね」
 作品を撮る中で改めて強く実感したのは、“人は一人では生きていけない”ということ。そして実生活においても写真が“つながり”を作ってくれていると話す。
「単純に仕事で出会う人はもちろん、本や作品にすることで、自分の知らないところでつながったりもしているんです。たとえば、僕の写真を家に飾ってくれている人がいて、それをたまたま見た知り合いが『すごくよかったよ』と伝えてくれたことがありました。そんなふうに誰かが飾って、また別の誰かがそれを見て、コミュニケーションが生まれて、と連鎖が起こることが写真の魅力のひとつでもあるのかなと思います」
 人と人が結びつくことは、生きていく上でとても大切なこと。その媒介に写真はなり得るのだ。とはいえ鑑賞する人に、そういったコンセプトやバックストーリーを強く意識してもらう必要はない、と横浪さんは言う。
「僕自身が“こう”って思っていたとしても、当然人によって感性は違うから、作品をどう解釈するかは自由。こっちが考えもしないような視点で見てもらうのも面白いですしね。それこそ、うんちくや誰が撮ったかではなく、ただ純粋に、美しいとか好きだとか、写真から何かを感じて飾りたいと思ってもらえたのならフォトグラファーとしてそれに勝る喜びはありません。そしてどんな理由にしろ、飾ってもらえたらきっとそこでまた何かしらの“出会い”があるはず。今回販売するこの『ASSEMBLY SNOW』も、僕の知らないところでどんどんつながっていってくれたらうれしいなと思います」

撮影は3月頃、まだ雪の残る極寒の奥日光で行われた。被写体の顔が見えない写真でも、横浪さんはモデル一人ひとりの名前を呼び、個人を意識しながら撮影。7人のモデルと一緒に走り出したかと思えば、木に登ったり、地面に這いつくばったり。自然の中でどこまでも自由に作品を追求していた

donated to...

Bridge for Smileとは?

すべての子どもが希望を持てる社会に「いろんな事情があって親がいない子たちも、諦めることなくやりたいことに向かっていけるように」という横浪さんの願いを込めて、今回の寄付先を決定。ブリッジフォースマイルは、2004年の設立以来、児童養護施設や里親家庭などから子どもたちが不自由なく巣立てるよう支援を行なってきている。
 主な活動内容は、金銭管理などを半年かけて学ぶ「一人暮らしに向けた準備セミナー」や、職業観を育み自分の適性を考える「就労インターンシップ」など、将来のためのスキルや知識を得る場の提供だ。また、ボランティアが着付けや撮影を行う成人のお祝いなど、社会に出たあとも孤立することがないようイベントを開催している。
 すべての子どもが生まれた環境に左右されず、夢を追える社会を目指し、"理不尽な生い立ちから前進する挑戦者" を応援し続けている。 https://www.b4s.jp

『ASSEMBLY SNOW』

今回ご紹介した写真作品(額装なし)は、
集英社 HAPPY PLUS STOREから購入ができます。

完売しました

※10枚限定での販売となります。
※1枚販売されるごとに1万円の寄付を、SPURからBridge for Smileにさせていただきます。
※商品の発送は9月下旬の予定です。〈お問い合わせ〉
TEL:0570-008010 集英社 HAPPY PLUS STOREコンタクトセンター
〈受付時間〉 (平日)9:00-20:00 (土日祝)9:00-18:00 年末年始を除く
※購入方法やお支払い方法、その他詳細につきましては「集英社 HAPPY PLUS STOREショッピングガイド」をご確認ください。