BEAUTY FEATURE

2020.02.20

ENTER

まるで顔が空のように。虹がかかり、星がきらめく。SPURが見つけたイギリス在住の弱冠19歳のナターシャ・ジョーンズ(Instagram:@njlooks)は、普段は普通の大学生。けれどひとたび筆を握ったら、その発想は常識を超えていく。その斬新なセルフメイクアップから、春の気分を読み解いてみたい。

Interview with Natasha Jones

メイクアップは、究極のリラクゼーションです

「私にとってメイクアップは、現実逃避のためのツール。無心になれる瞬間なの」そう語るメイクアップインスタグラマーのナターシャ・ジョーンズ。イギリス・バーミンガムの大学で哲学を専攻し、学業に追われ忙しい日々を送る彼女は、化粧をするときが一番リラックスできると語る。

「インスタグラムのアカウントを始めたのは2年前くらい。1年前くらいからフォロワーが増え始めて、本格的にメイクアップのアカウントにしたの。もともとお化粧が大好きな母からテクニックを学びました」

手先がとても器用な母親に教わったメイクアップの基礎をベースに、幼い頃からの趣味であるペインティングを融合させて今のスタイルにたどり着いたそう。

「だから自分ではメイクアップというよりは、絵を描く感覚に近いんです。着想源は景色、写真集、電車ですれ違った人、学校の友達が着てた洋服など。音楽や文学からインスピレーションを得ることもあるわ」

生活の中から印象に残ったものを彼女の視点で解釈し、自分の顔というキャンバスにメイクアップとしてアウトプットしている。

今後の目標を尋ねると、「今は学業に専念したい。母はメイクアップを仕事にしたら喜ぶと思うけど、大学は提出物も多くて忙しいし、法律の勉強もしてみたいの。でも、いつもセルフメイクアップで今まで誰かに化粧をしたことがないから、いつか機会があればやってみたいな」と意欲をのぞかせた。

今回が初めての雑誌撮影だったという弱冠19歳のナターシャ。独創的で色彩感覚豊かな彼女がインスタグラムの枠を超え、メイクアップアーティストとしてメディアに登場する日も、そう遠くはないかもしれない。

Profile
2000年生まれ。英国ウェールズ地方出身バーミンガム在住のナターシャ・ジョーンズは、メイクアップという垣根を越えた絵画のような作品がインスタグラム(@njlooks)で話題となり、フォロワー数約38000人(’19年12月現在)を誇る。

SOURCE:SPUR 2020年3月号「まぶたは空模様」
photography: Aimi Kishimoto (p.1〜p.4), Keisuke Konno (p.5) make-up & model: Natasha Jones (p.1〜p.4) coordination&text: Saori Yoshida (p.1〜p.4) text: Chie Yasui (p.5)

ファッションの今、ファッションのその先へ

関連特集

You might also like...

RANKING

ALL

NEWS

SNS

EDITORS

FEATURE

WHAT'S NEW