自分を刷新する日に使うスキンケア・マイベスト3

今年も4カ月目に突入です。もう3カ月終わってしまったと考えるか、まだ3カ月と感じるかは、人それぞれ。どちらにせよ、節目っていいもの。新しい自分として再スタートを切るなら、今日。今日の私は、新しい。そう思えるきっかけとなるからです。

 そんな「節目」に効くスキンケア3選を紹介します。

自分を刷新する日に使うスキンケア・マイベの画像_1
ねっちり、もっちりしたモロッコ産溶岩クレイ。肌にのせればモロッコ旅行気分に…なれるかどうかはあなた次第

3か月分のあれこれをスッキリさよならしたい、と思うなら技巧派クレイ洗顔を推したい。皮脂を取り過ぎてつっぱるからクレイは嫌、と思ってる? 大丈夫です。複合モイスチャー成分配合だから、毎日使えます。洗浄成分のモロッコ産溶岩クレイの吸着パワーが、毛穴汚れに直球アタック。そして手に取ってほしい最大の理由が、クセの強~いテクスチャー。

自分を刷新する日に使うスキンケア・マイベの画像_2
カネボウ スクラビング マッド ウォッシュ¥2,750(130g)/カネボウインターナショナル

始めはねっとりしたペースト。肌にむっちりステイします。リッチな重さがあって、心地よい。なじませていくうちに、スクラブがほどけて、薄い色に変化します。信州味噌が白味噌になる―そんな感じ。不要な角質は、ここでオフ。最終形態は、濃密な泡。お湯をなじませるとフワーッと泡立つんですよ。しつこい汚れを浮かせて、一気にリリース。次の意外な展開に、いちいち心躍ります。超個性派・三段活用洗顔なら、わくわくしながら肌をすべやかに磨き上げ、つるんとアップデート。そのくすみ、年度頭にすぱっと脱ぎ捨てちゃってください。

自分を刷新する日に使うスキンケア・マイベの画像_3
C25セラム ネオ¥11000(12ml)/オバジ

新年度こそ、今そこにあるシミ対策を。黒メラニンに真剣に取り組みたいなら、信頼のピュアビタミンCが間違いありません。開発構想15年、ついに結晶化の抑制に成功し、安定配合を具現化。ビタミンC濃度の限界を見事に突破して、夢の25%に達成したのが2019年のニュースでした。無理と言われていた極限を超えた名作C25セラムが、この春「ネオ」にパワーアップ!

新処方では、即効性と効果実感をより重視しました。ベース成分をほんの少しでも変えるだけで溶解性そのものが崩壊する繊細な世界にあって、あえてベース処方を進化させちゃうという大勝負に出たその心意気に、まず惜しみない拍手を送りたい。現存版だって十分素晴らしいのに、土台を変えてしまうなんて……私にはとてもできません。保湿剤として使用されていた成分「プロパンジオール」に、浸透促進作用と溶解補助作用の性質があることを発見し、採用することで浸透スピードはなんと3.7倍もアップ! それだけじゃありません。新処方は活性酸素の除去にも速攻アプローチ。毛穴のざらつきや肝斑にも働きかけます。表現するなら、ノロノロしていた、もしくは停止していた肌が走り出す。それも全方位、より良い方向に駆け出す。効果実感が前にも増して、手にとるように分かるんです。

皮膚は生まれ変わることができる臓器。然るべきアプローチをもってすれば、再生は夢ではありません―開発チームの頼もしい言葉、今こそぴったりじゃないですか! 

自分を刷新する日に使うスキンケア・マイベの画像_4
右側のシワ改善オイル状美容液が、1枚に60回分! アヤナス リンクルO/L フェイスマスク コンセントレート(医薬部外品)18ml×6包 ¥7,150/ディセンシア 

いよいよ真打ちです。季節の変わり目、肌がションボリしているなら、新学期に一気に巻き返してください。花粉シーズンの今こそ、肌の活力は揺らぎます。花粉のみならず、PM2.5などの悪玉微粒子。一昨日の黄砂も深刻でした。大気汚染物質が肌に付着するだけで、炎症因子は実に3倍に。だから悪玉微粒子に負けない底力がないと、敏感肌スパイラルに陥り、シワシワやらションボリが止まらなくなる危険な季節なんですね。

そこでこのマスク。日本初の敏感肌用シワ改善オイル状美容液アヤナス リンクルO/L コンセントレートが、1枚に60回分ひたひたになっています。角質が硬化して、シワぐせがついた肌に、ずばりアイロンをかけるイメージ。このマスク、ちょっと小さめなんですね。ひっぱりながらぴったり密着させることで、肌にあたる表面積も広くなるというギミックです。面ジワをしっかりケアして、くすみも一掃、素肌がきめ細やかになるだけでなく、フェイスラインもすっきり。5分のシワリセットマスクによりシワの芽をしっかり摘んでしまう。そして朝に使えばメイクアップのりも抜群によくなる週1回のルーティン、この4月から始めて、絶対に損はありません。

自分を刷新する日に使うスキンケア・マイベの画像_5
新学期。肌のお手入れ習慣も一新して、新しい自分を見つけてみてください

41日から新しい環境に身を置く人も、職場は変わらなくても、自分のために気分一新したい人も。自分をアップデートするきっかけに、まずはちょっとしたスキンケア投資をしてみませんか?

エディターIGARASHIプロフィール画像
エディターIGARASHI

おしゃれスナップ、モデル連載コラム、美容専門誌などを経て現職。
趣味は相撲観戦、SPURおやつ部員。

記事一覧を見る