指先に多肉植物を #深夜のこっそり話 #510

海外のトレンドをリサーチするのが日課になっているのですが、その中で、多肉植物を使ったネイルが流行っているというニュースを見つけました。多肉植物をイメージした、ボタニカルなネイルのことかなと思いきや、まさかのリアルな多肉植物をネイルアートの素材として使うという想像を上回るハイクオリティーさに驚愕!

発案者と言われているのはオーストラリア在住の植物アーティスト、ロズ・ボーグさん。多肉植物の素晴らしさを伝えるために考えていたら、このネイルのアイデアが浮かんだのだとか。小さめの葉っぱをカットして、ネイルチップに張り付けていくだけで、簡単に真似できそうなステップですが、1種類でデザインするか、色付きの葉っぱを使うかデザインが重要ですよね。他にどんなデザインがあるのかなと思い、彼女のインスタグラムを見ると、ネイルだけでなく、多肉植物リングもありました。ボタニカルなウェディングが流行っているし、多肉植物リングは人気が出そう。

数年前、多肉植物をインテリアに取り入れようと買ってみたものの、上手に育てられなかった者としては、こんな風に楽しめるのはいいな~と。ウェディングに限らず、アウトドアシーンに似合うから、2017年のフェスシーズンにはこの多肉植物ネイルがブームになりそうな予感です。(ライターK

≫おしゃれな花嫁が恋するボタニカルブーケ集

FEATURE