コーチの2023年スプリングコレクションが、NYファッションウィーク期間中に発表された。クリエイティブ・ディレクターのスチュアート・ヴィヴァースは、今シーズンも引き続きアメリカのカルチャーとコーチのヘリテージにフォーカス。冒頭で登場したブラックレザーのロングジャケットは、既存のレザージャケットやフットボールレザーをアップサイクルした一点ものだ。

ダークなオープニングから一転、手編みのカラフルなフィッシャーマンズセーターに始まり、ギンガムチェックのベビードールドレスや、チアガール風のイニシャル入りのルックが続く。全体を通して、ノスタルジックなモチーフを多用している一方で、パンク風のベルトを裾にあしらったレザーのショーツがスパイスを添える。

フィナーレで登場したのは、新たにブランドのグローバルアンバサダーに就任したリル・ナズ・X。ハードなレザーのセットアップに、キッチュなジェリー素材のサンダルとバッグマッチ。スチュアート・ヴィヴァース、そしてリル・ナズ・Xの個性が融合した、プレイフルなスタイリングを完成させた。

Photos courtesy of brand