香港のエアビーに初滞在! 毎月行ってる弾丸1泊3日香港パトロール、今月は、上海蟹にフォーカス!

  • ①蟹は生きたまま蒸すので縛ってある紐は外さないこと。歯ブラシなどを使って流水で蟹をよく洗います

  • ②大きめの鍋に適量の水を入れ、蟹を載せる蒸し皿の台座になるような陶器をセット。適度な大きさのボウル皿が便利なのだけど、なかったためエスプレッソカップ3個で代用。お湯が沸騰したときに動いても皿がひっくり返らないよう安定感を出すのがポイントです!

  • ③ ②に臭み消し用の乾燥させたシソの葉(蟹を買うと一緒につけてくれます)を入れる

  • ④ ③に皿を載せる

  • ⑤蟹は必ずお腹側を上にして皿に載せること

  • ⑥蓋をして、20分間蒸します。様子を見て、もし水が足りなくなっているようなら、蟹にかからないようにお湯を加えて調整を

  • ⑦20分後はこんな感じ。グレーだった蟹が加熱で赤くなります

  • ⑧お店でつけてくれた黒酢にみじん切りにした生姜を入れて、タレに。このハサミとスプーンセットがあるとないとじゃ食べやすさ、蟹肉の食べ残しの出なさがまったく違います!

  • ⑨上海蟹は蟹みそが命!! 毎回ボディを開ける時はドキドキです。今回はなかなかたっぷり入ってました〜〜! 大きめの蟹よりも小ぶりなほうにたっぷり入っていたりもするので、一か八か、なんですよねえ〜!

ひとりっP

ひとりっP

ひとりっPこと編集Pことフクイユミコ。元SPUR編集長。女性のひとり旅を「ひとりっぷ」と名付けて応援中の編集者。会社員にもかかわらず、海外ひとり旅歴25年、回数400回超え(全部自腹)の旅バカ。おもな渡航先は、香港150回、台湾60回、タイ&シンガポール各40回、サンフランシスコ30回、中国30回、ハワイ30回、中南米各国30回、カリブ諸国20回、中近東10回など。現在年間25回ほど(全部プライベート)海外渡航。あまりの頻度に、日本入国時に密輸を疑われたことも。その圧倒的実体験をもとにした女子ひとり旅指南本『今日も世界のどこかでひとりっぷ』に続く、シリーズ第2弾『明日も世界のどこかでひとりっぷ2 秘境・絶景編』(2018年7月25日発売)は、“秘境・絶景編”。2冊とも、文&写真はすべて“ひとりっP”こと、本人が担当。座右の銘は「旅は人生の貯金」、合言葉は「Have a nice ひとりっぷ!」。

ファッションの今、ファッションのその先へ

関連記事

You might also like...

RANKING

ALL

NEWS

SNS

EDITORS

FEATURE

WHAT'S NEW