0泊3日で名古屋→京都→台湾!? いよいよ無茶か!弾丸3都物語!

  • こちら、名古屋のトルコスイーツ店『BEYZADE BAKLAVA』で購入したもの。あれもこれもとお願いしていたら、実は4箱になってしまったのですが、京都と桃園空港ビバーク中に食べてしまって、日本に持ち帰ったのは3箱に。

  • バクラヴァたち(の一部)、並べてみました〜! ひとりっPはピスタチオ好きにつき、すべてピスタチオ入りのバクラヴァです。中でもロール状のグリーンのバクラヴァはピスタチオ満載でコーフン! どれも、ジューシーにシロップが染み込んでいるのに、パリッとサクッとしたパイ皮感がきちんとあるのがほんとすばらしいです! たぶんおそらくスーパーハイカロリーだと思うんですが、2日で完食←ばか。

  • こちら、ひとりっPイチオシ、『糖村』の「英式太妃酥糖」のパッケージです。1箱に約20個入りで330元(約1200円)。

  • こちらが英式太妃酥糖。誰にあげても「おいしい〜!!!!」と絶賛されます。味はバタースコッチ風味でアーモンド入り。お店のHPにはタフィーキャンディーと書かれていますが、キャンディーというよりも、カリッと軽〜い独特の食感。一度食べたらトリコです。10本はイッキ食いできます! が、結構ハイカロリーなので、1日1本までと決めています〜(涙)。

  • 食品セレクトショップ『PEKOE』で買ったこちらのジャムは、フランスの『クリスティーヌ・フェルベール』にPEKOEが別注したもの。なんと、台湾茶の文山包種茶入りパイナップルジャムです。さわやかでトロピカルで優しい甘さ。1瓶約2000円と高級品ですが、価値あり! ひとりっPはヨーグルトにかけて食べています。

ひとりっP

ひとりっP

ひとりっPこと編集Pことフクイユミコ。元SPUR編集長。女性のひとり旅を「ひとりっぷ」と名付けて応援中の編集者。会社員にもかかわらず、海外ひとり旅歴25年以上、回数400回超え(全部自腹)の旅バカ。おもな渡航先は、香港180回、台湾60回、タイ&シンガポール各40回、サンフランシスコ30回、中国30回、ハワイ30回、中南米各国40回、カリブ諸国30回、中近東10回など。現在年間25回ほど(全部プライベート)海外渡航。あまりの頻度に、日本入国時に密輸を疑われたことも。その圧倒的実体験をもとにした女子ひとり旅指南本『今日も世界のどこかでひとりっぷ』『明日も世界のどこかでひとりっぷ2~秘境・絶景編~』『昨日も世界のどこかでひとりっぷ3弾丸・無茶旅編~』が好評発売中。3冊とも、文&写真はすべて本人が担当。シリーズ最新作は、人気スタイリスト地曳いく子さんとの共著『たまには世界のどこかでふたりっぷ 』。座右の銘は「旅は人生の貯金」、合言葉は「Have a nice ひとりっぷ!」。

ファッションの今、ファッションのその先へ

関連記事

You might also like...

RANKING

ALL

NEWS

SNS

EDITORS

FEATURE

WHAT'S NEW