ひとりっPがレコメンド! 麺グルメでアジアを巡ろう

4月16日(土)に「梅田 蔦屋書店」にてトークショーを行うことが決定したひとりっPのSPURGRAMには、各国のグルメポストが続々投稿されている。その中から、アジアの”グルメ麺”にフォーカス! トークショーのテーマのひとつでもある「台湾グルメ」の米麺をはじめ、アジア各国の代表的なメニューをクリップ。

@ひとりっP by spurgram
台湾の米苔目は、お米からできているうどんに似た太麺で、つるっと&もちっとしていて、うどんよりもお腹に軽い感じ。豚肉、ニラ、もやし、揚げエシャロットなどが入って、かなりのおいしさ!

 

@ひとりっP by spurgram
香港のレストラン「クリスタルジェイド」のシグニチャーヌードルである四川担々麺。辛いものが苦手なひとりっPにはギリギリの辛さだけど、かなり美味! オーダーを受けてから麺を打つから、まさにフレッシュな生麺が食べられる。

 

@ひとりっP by spurgram
香港で人気の、雲南省が発祥といわれる麺、といえば、お米でできた米線(マイシン)。もちっとした歯ごたえが米麺ならでは! 日本のラーメンのようにいろんな味が食べられるが、おすすめはすっぱくて辛い酸辣味。アイスレモンティー、凍檸茶も一緒にどうぞ。

 

 

@ひとりっP by spurgram
ベトナムのホイアン名物である、CAO LAU(カオラウ)は、日本のうどんがルーツといわれている太麺を使った汁なし麺。甘めのしょうゆタレ、もやし、レタス、香菜などハーブ、チャーシュー、ライスペーパーを揚げて作ったらしいクルトン入りで、しっかり混ぜて食べる。

 

@ひとりっP by spurgram
ベトナムに行ったらフォーは外せない! ひとりっPのナンバーワンフォーは…空港から駆け付けつけてしまうほどお気に入りの「フォーホア」のフォー・ガー(チキンフォー)。スープの出しが絶品で、揚げエシャロットのようなものもおいしさのヒミツ。

FEATURE