FASHION FEATURE

「ニュー・クラシック」はこんなに可愛い

「ニュー・クラシック」なランジェリー

  • 極上の肌心地にうっとりする、スイスの高級下着ブランドのキャミソールは、レースのトリミングがエレガント。 キャミソール¥25,000/ドゥロワー 青山店(ヅィメリー)

  • コルセット的な感覚で、シャツやニットの上にカジュアルにレイヤードができる優れもの。 ビスチェトップス¥32,000/ヒラオインク(タロウホリウチ)

  • スカラップのデザインが胸元をフェミニンに演出。一枚でも、重ね着でも使えるほどよい生地感もうれしい。 スリップドレス¥99,000/ブルーベル・ジャパン(カルヴェン)

  • シャープなドレスに、夜に咲くミステリアスでロマンティックな花柄をオン。 スリップドレス¥24,000/UNIT&GUEST(バウム・ウンド・ヘルガーデン)

  • パネルレースがセンシュアルな一着はタフなアイテムとミックス&マッチがおすすめ。 スリップドレス¥141,000/イーストランド(オフ・ホワイト ℅ ヴァージル アブロー™)

  • カーディガンのページでは色違いを後ろ前にして装着。着こなしを今年風にアレンジできる優秀品。チュールベルト¥10,000/ROKU BEAUTY & YOUTH SHIBUYA CAT STREET(ロク)

SPUR MAGAZINE

SPUR MAGAZINE

ふわふわ、キラキラ、色に溢れた春の服に似合うのはとびきり素敵なスマイル! 今号は丸ごと一冊、笑顔とともに新しいモードをお届け。本田翼や『ジョジョの奇妙な冒険』も……どんな形で登場するかはぜひ誌面をお楽しみに! 付録にはヒグチユウコ描きおろしの“トリプルアクセルをとんだねこ”を配した、とびきり可愛いチケットホルダーが。長瀬智也と原宿で過ごした2時間45分、冬季五輪直前のフィギュアスケート特集、水晶玉子先生の開運塾と読後に思わず笑顔がこぼれる楽しい3月号です。

Tags

ファッションの今、ファッションのその先へ

関連記事

You might also like...

RANKING

ALL

NEWS

SNS

EDITORS

FEATURE

WHAT'S NEW