FASHION FEATURE

【2018-’19 F/W】ワールドコレクションリポート AtoZ

【2018-’19 F/W コレクションレビュー】ミラノ編

  • 1 ALBERTA FERRETTI 女性の昼と夜に対応するワードローブ。カーディガンをスパンコールでリュクスに装飾した

  • 2 ANTEPRIMA 軸はモダンロマンス。高いネックから流れるようにドレープを描くニットドレスが美しい

  • 3 BLUMARINE シグネチャーであるバラをムートンにプリント。パイソン柄ブーツとの組み合わせがニクい

  • 4 DOLCE & GABBANA ファッションへの信仰心をテーマに、ポップカルチャーやバロックテイストをミックスした

  • 5 EMILIO PUCCI リブニットとフレアスカートでマリリン・モンローに着想したグラマラスなラインを構築

  • 6 EMPORIO ARMANI マニッシュなチェックのセットアップは、ショートパンツとベレー帽で若々しい印象に

  • 7 ERMANNO SCERVINO マニッシュなツィードジャケットに、あえてフェミニンなスカートを合わせる

  • 8 ETRO フォークデコと称し、ナバホなどの西部のフォークロアと20年代のアールデコに着想した幾何学柄を折衷。ボウが優雅になびく

  • 9 FENDI グッドガールな眼福ルックが多々。ボックスショルダーが、やわらかさの中に強さを感じさせる

  • 10 GIORGIO ARMANI 境界のない世界を探求した今シーズン。グレーからすみれ色へのグラデーションがエレガント

  • 11 GUCCI 手術台を背景に展開されたのは、宗教、文化、人類までも超越したハイ・ミックスのショー。スーツはガーメントケースでぼかされて新しく

  • 12 JIL SANDER 核となるのは未来のためのファッション。毛布のようなスカートで「心地よさ」を追求

  • 13 MARNI リサイクルフェルトのような布地とピンクの上質なウール、相反する価値を一枚で交錯させた

  • 14 MAX MARA エグゼクティブウーマンと80年代活躍したパンクのミューズを着想源に、強い女性像を提示

  • 15 MISSONI ジャマイカのカルチャーに影響を受けた楽観的なウェア。ヘムのロングフリンジが躍る

  • 16 MONCLER GENIUS 写真のシモーン・ロシャを含む8ラインがモンクレール・ジーニアスとして集結し発表された

  • 17 MOSCHINO 地球外生命体とジャクリーン・ケネディ、ミッドセンチュリーをハイブリッドさせた

  • 18 MSGM 80年代のスポーティを意識。Tシャツにはミラノ出身の詩人アレッサンドロ・マンゾーニが

  • 19 N°21 テーマはバトンガール。即章パンツや胸のホイッスル、ショートベストでチアフルに

  • 20 PHILOSOPHY DI LORENZO SERAFINI ミューズは女優マーゴ・ヘミングウェイ。ベルベットのジャンプスーツがフェティッシュ

  • 21 PRADA 女性が夜道を歩くとき。センシュアルに装いたいのに、危険にはさらされたくない。そんな不安を、攻撃的なネオンカラードレスが解消する

  • 22 ROBERTO CAVALLI クラシックなコートは、ウエストが締まったフレアラインでグラマラスなタッチが加わって

  • 23 SALVATORE FERRAGAMO ポール・アンドリュー就任後初のショー。トラディショナルな服がコンテンポラリーに進化

  • 24 SPORTMAX ワーキングガールに最適な、ハイテクなスーツスタイル。キルトのつけ襟がきいている

  • 25 TOD'S シアリングのブルゾンにエナメルのドレス。ワントーンルックは、ルーズなかたちが今らしい

  • 26 TOMMY HILFIGER 大規模なサーキット会場を設営し、「SPEED」をテーマにしたヘルシーなウェアを展開した

  • 27 TRUSSARDI 異なるタータンチェックを配したコートはトラッドをベースにしつつモダンさを匂わせる

  • 28 VERSACE 英国の歴史を出発点に、パンクのスピリットを用いて、ユースなスタイルを生み出した

ファッションの今、ファッションのその先へ

関連記事

You might also like...

RANKING

ALL

NEWS

SNS

EDITORS

FEATURE

WHAT'S NEW