ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

FASHION FEATURE

【2019-'20 F/W】ワールドコレクションレポートA to Z

【2019-’20 F/W ワールドコレクションレポート】ニューヨーク編

  • 1 ウールマーク社とコラボしサステイナブルなメリノウールのシアリングベストを提案

  • 2 自然との共生をテーマに、流れるようにやわらかなラインをアーシーな色で表現

  • 3 ゲイリー・グリムショウやヴィクター・モスコソなどのアートポスターを着想源に、ファッションの持つポジティブなエナジーに満ちあふれたコレクションを展開した

  • 4 自身のブランドのポップアップストアにてショーを行なった。定番の柄ドレス以外にコーデュロイのセットアップも登場

  • 5 チェルシーのギャラリー街で働く人々をイメージ。アームウォーマーがアクセントに

  • 6 たびたびコレクションで用いているシューレースを編み上げ、ビッグバッグに

  • 7 カフェ・ファセットのアートに影響を受けたダークな花柄をパッチワーク

  • 8 靴だけでなく、シアリングのベストまでUGG®と大々的にコラボレーションした

  • 9 マーク・トーマスとトーマス・コーソンによる、クリーンながらも強いコレクション

  • 10 ライラックを多用。キュートさを保ちながらも、ニコラ・グラス流のデカダンスを描いた。レオパードとフローラ柄を融合したこのドレスに、その片鱗が見える

  • 11 20世紀のサフラジェットに参加した女性に着想。ウェスタンベルトやフリンジなど、伝統的なアメリカンのディテールが各ルックにちりばめられている

  • 12 幾何学柄のボウタイドレスは、ロックな精神を持ち、世界を旅する女性をイメージ

  • 13 2019年春夏のロマンティックムードは引き継ぎながらも、「堕天使」を思わせるダークファンタジーなコレクションを披露。フェザーに見える装飾はシルクオーガンジー

  • 14 いつもより大人なワードローブを展開。ウォッシュドジーンズには押し花パターンが

  • 15 スタジオ54などデザイナーがかつて夢見たディスコ、映画などへの憧憬を詰め込んだ

  • 16 ドバイへの旅を起点にし、スパイスカラーやカーペット柄をコレクションに引用

  • 17 アスレジャーなルックを、スカーフ柄やテーラリングと組み合わせリュクスに昇華

  • 18 オーバーサイズのシャツにシークインで絢爛な刺しゅうを施したミックスマッチ

  • 19 強さとフェミニニティを両立するワードローブ。服の構造を分解し、その骨組みをレイヤードするスタイリングを披露した

  • 20 鮮やかな色で染め上げられた、ごく薄いオーガンジー。プリーツにしたり、重ねたりダーツを取りながら極端なシェイプを構築

  • 21 ラップスカートは、インドで作られた円形ビーズパーツに、3枚重ねの生地を組み合わせ、レースのような独特の風合いに。

  • 22 クラシカルなサロペットスカートの素材は、リサイクルポリエステル

  • 23 メンズと同じ仕様のテーラリングを基にいかにセンシュアルに昇華するかを追求

  • 24 エクストリームなボリュームのドレスはポリエステル・オーガンジーで作られている

  • 25 花柄ドレスの下にストライプドレスを。レイヤリングで見せる柄・オン・柄が新鮮

ファッションの今、ファッションのその先へ

関連記事

You might also like...

RANKING

ALL

NEWS

SNS

EDITORS

FEATURE

WHAT'S NEW