FASHION FEATURE

2018年春夏コレクションレビュー A to Z

【2018SS コレクションレビュー】ロンドン編

  • 1 ANYA HINDMARCH 「郊外での生活」をテーマに70年代風の色やモチーフが軽やかに登場。大胆な猫プリントにも注目

  • 2 BURBERRY 今回も2017-’18年秋冬のショップナウのコレクションを発表。春夏トレンドにもリンクするPVC使い

  • 3 EMPORIO ARMANI 軽やかな色と素材使いで、フレッシュさを打ち出した今季。コンテンポラリーなスポーツスタイル

  • 4 ERDEM 得意のフラワープリントとグレンチェックのツィードを多用し、ブリットなエレガンスを描いた

  • 5 JOSEPH ユニフォームを出発点に、脱構築的なデザインで抜け感を演出。ギンガム使いもモダンにアレンジ

  • 6 JW ANDERSON ロゴを織り込んだテーブルナプキンのようなトップスなど、ジョナサンの遊び心が存分に

  • 7 HOUSE OF HOLLAND ジオメトリックなウェーブストライプを多用して、ロンドンらしいポップなツイストを加えた

  • 8 MARGARET HOWELL モノトーンのタータンチェックが新鮮。英国らしいタイムレスな魅力が今の気分とフィット

  • 9 MARQUES' ALMEIDA ストライプのバリエーションやタペストリーのようなプリント使いによる、自由なミックスマッチ

  • 10 MARY KATRANTZOU 子ども時代のおもちゃ箱をひっくり返したようなポップなコレクションはスポーツテイストも

  • 11 MM6 MAISON MARGIELA 「オープン・トゥ・エブリワン」を掲げ、シンプルなフォルムと柄×柄のプレイフルなミックス

  • 12 MOLLY GODDARD スパンコールやサテン使いで、得意のグッドガールスタイルを華やかで大人な表情に変化させた

  • 13 PORTS 1961 ブルー、グリーン、イエローなど濁りのない色使いを構築的なスタイルに乗せて、フレッシュに

  • 14 REJINA PYO 初のランウェイショーは、女性への祝福。ノンシャランなムードとモダンなディテールが印象的

  • 15 SIMONE ROCHA ガーリーなディテールをシルク、レース、パールなど上質な素材で表現しエレガンスへ昇華

  • 16 TOGA ビジネススーツの再解釈をテーマに、アシンメトリーシルエットやPVC素材でエッジをプラス

  • 17 TOMMY HILFIGER すぐ買える秋冬コレクションを引っさげてロンドンに参戦。グラマラスなロックサーカスがテーマ

  • 18 VERSUS VERSACE ネオン、パステル、煌めくシルバーなど、明るいカラートーンと90年代NYスタイルが融合

SPUR MAGAZINE

SPUR MAGAZINE

着たい服はどこにある?
トレンドも買い物のチャンネルも無限にある今。ファッション好きの「着たい服はどこにある?」という疑問に、SPURが全力で答えます。うっとりする可愛さと力強さをあわせ持つスタイル「POWER ROMANCE」。大人の女性にこそ必要な「包容力のある服」。ファッションプロの口コミにより、知られざるヴィンテージ店やオンラインショップを網羅した「欲しい服は、ここにある」。大ボリュームでお届けする「“まんぷく”春靴ジャーナル」。さらにファッショナブルにお届けするのが「中島健人は甘くない」。一方、甘い誘惑を仕掛けるなら「口説けるチョコレート」は必読。はじまりから終わりまで、華やぐ気持ちで満たされるSPUR3月号です!

ファッションの今、ファッションのその先へ

関連記事

You might also like...

RANKING

ALL

NEWS

SNS

EDITORS

FEATURE

WHAT'S NEW