乗松美奈子の 「ミナコラム」

ジュエリーデザイナー、サビーヌ・ゲッティの世界

  • メンフィスのテーブルBrazil(Peter Shireデザイン、1981年)と、サビーヌ。トパーズのネックレスは自作、ドレスはスキャパレリ・オートクチュール。

  • ブルーで統一したショールーム。鳥を象ったメンフィスのランプTahitiは、サビーヌの子供の頃からの宝物。(Ettore Sottsassデザイン、1981年)

  • 黄色と青の配色に幾何学パターンを効かせたサイドテーブルKristall End (Michele De Lucchiデザイン、1981年)も、メンフィス。

  • 今年2月にオープンしたショールームでは、メンフィスの世界にあわせて他ブランドからも色ものをセレクト。シリンダー型の収納家具は、Kartellの定番。

ファッション・ジャーナリスト 乗松美奈子

ファッション・ジャーナリスト 乗松美奈子

パリ在住。ファッション業界における幅広い人脈を生かしたインタビューやライフスタイルルポなどに定評が。私服スタイルも人気。

https://www.instagram.com/minakoparis/

Tags

ファッションの今、ファッションのその先へ

関連記事

You might also like...

RANKING

ALL

NEWS

SNS

EDITORS

FEATURE

WHAT'S NEW