乗松美奈子の 「ミナコラム」

モードと写真のイエール国際フェスティバル。ここからスターデザイナーがまた誕生する

  • 左:グランプリを受賞したBotterの作品より。Photo:Etienne Tordoir 右:受賞式後のバックステージにて、モデルたちに囲まれたRushemy Botter (左)とLisi Herrebrugh。Photo:Minako Norimatsu

  • 左:ショールームにて、イエール市民たちの投票による「市民賞」を獲得したSarah Bruylant。右:彼女のブースの展示風景。共にPhoto:Minako Norimatsu

  • 左:クロエが個別に賞金を贈る「クロエ賞」を獲得した、Marie-Ève Lecavalierによる一点。右:彼女には、審査委員特別賞も贈られた。こちらは7体から成るコレクションより。Photo:Etienne Tordoir

  • 惜しくも賞は逃したものの、際立っていた二人のプレゼンテーション。左:ドイツ出身、日本に留学したこともあると言うRegina Weber。右:フィンランドのAnna Isoniemi。共にPhoto:Minako Norimatsu

  • スワロフスキー協賛によるアクセサリー部門グランプリに輝いた、Kate Fichard, Flora Fixy, Julia Dessirierのトリオによる補聴器イヤリングのコレクションH[Earring]。Photo:Minako Norimatsu

  • アクササリー部門で「イエール市民賞」を獲得した、Cécile Grayの作品。小さなパールやクリスタルを通しつつ銅の針金をレース状に編んだ、ドレスや襟の一連。Photo:Minako Norimatsu

  • 賞は逃したものの、注目された変形籠バッグのコレクションは、フランス人Inès Bressandの作。彼女は木やメタルを使った家具のデザイナーとしても活躍中だとか。

  • 受賞外での私のお気に入りはノルウェーのIldar Wafinによるジュエリー。アガートやローズクォーツをあしらった、オーガニックな形がユニーク。

  • 授賞式にて、モード部門審査員たち。審査委員長委員ハイダー・アッカーマンの右は女優のティルダ・スウィントン、中央はシンガーのルー・ドワイヨン、一番左は昨年のグランプリ受賞者、ヴァネッサ・シンドラー。Photo:Minako Norimatsu

  • ヴィラ・ノアイユは、1920年代にノアイユ夫妻の依頼でロベール・マレ=ステヴァンスが設計した、モダニズム建築のお屋敷。Photo:Minako Norimatsu

  • 会期中は、フェスティバルのメイン・スポンサーであるシャネルと組んで、モデルのオードリー・マルネイがライブでラジオ中継を。英語によるルー・ドワイヨンのインタビューを含む数々の収録は、iTune StoreのPodcastに。Photo:Minako Norimatsu

ファッション・ジャーナリスト 乗松美奈子

ファッション・ジャーナリスト 乗松美奈子

パリ在住。ファッション業界における幅広い人脈を生かしたインタビューやライフスタイルルポなどに定評が。私服スタイルも人気。

https://www.instagram.com/minakoparis/

ファッションの今、ファッションのその先へ

関連記事

You might also like...

RANKING

ALL

NEWS

SNS

EDITORS

FEATURE

WHAT'S NEW