乗松美奈子の 「ミナコラム」

オープニング!ローンチ!パリ・ファッションウイークこぼれ話

  • クレージュ。右:ポップアップストアで販売中のビニール・ポーチ。裏側にはビニールのストック・メーター数がエンボス加工されている。左:アイコニックなビニール・ジャケット。photo: Minako Norimatsu

  • クレージュの期間限定ストアは、アーティストChristophe Hamaida Piersonによる内装。40, rue François 1er 75008 。ストア閉店(日程未定)後も、限定商品は隣の本店で販売続行。売り切れ御免! photo: Minako Norimatsu

  • バイレードの期間限定ストア。新しいフレグランス11th Hourを始め、様々なブランドとコラボによるアウトドア用品を展開。11, rue Debelleyme 75003

  • バイレードのパリ初のブティック。家具も、メゾンの創始者ベン・ゴーラムによるデザイン。199, rue Saint Honoré 75001 Photo: Annabel Elston

  • スキャパレリ初のプレタポルテは、エルザ・スキャパレリと親交が深かったシュールレアリスムのアーティスト、マン・レイへのオマージュ。小物類も充実。

  • スキャパレリは、これまでアポ制だったサロンをブティックに。写真はエルザ・スキャパレリのシンボル・カラー、ショッキング・ピンクのディスプレイ。21, place Vendoôme 75001 photo: Minako Norimatsu

  • ミュゼ・サンローラン・パリの新しい展示は“夢見るアジア”、来年1月27日まで。5, Avenue Marceau 75116 Paris 右:インドの民族衣装をモダンに解釈。左:中国、特に花にインスパイアされた作品の数々。(1970年秋冬オートクチュール)共に© Yves Saint Laurent , photo : Thierry Ollivier

  • 右:香水オピウムのローンチングに備えて描いたクロッキー。(1977-78年) Musée Yves Saint Laurent Paris © Yves Saint Laurent 左・初めての日本への旅でのサンローラン氏。(1963年4月) © All rights reserved

  • 始まったばかりの、エゴン・シーレ展。2019年1/14まで。右:自画像(1911年) photo: Courtesy of Ernst Ploll, Vienne。 左:Moa (1911年) 個人所蔵 Photo : Mathias Kessler(2017 年)ルイ ヴィトン財団にてAvenue du Mahatma Gandhi 75116

  • ルイ ヴィトン財団で来年1/14まで開催中のもう一つの展覧会は、ジャン=ミッシェル・バスキア。Dos Cabezas (1982年) 個人所蔵。© Estate of Jean-Michel Basquiat(ライセンスArtestar, New York)Photo © Robert Mckeever

  • 今季もクラシックからコンテンポラリーの演目が目白押しのオペラ座、ガラ公演より。写真左は、パリ国立オペラ座ダンス部門ディレクターのオーレリー・デュポン。Photo: Julien Benjamou

  • パリ国立オペラ座にて。右:公演の後はシャネルとロレックスの支援で、セレブを多数招いたガラ・ディナー。左:ディナーの後は、アフターパーティ。私も友人たちと記念撮影。

ファッション・ジャーナリスト 乗松美奈子

ファッション・ジャーナリスト 乗松美奈子

パリ在住。ファッション業界における幅広い人脈を生かしたインタビューやライフスタイルルポなどに定評が。私服スタイルも人気。

https://www.instagram.com/minakoparis/

ファッションの今、ファッションのその先へ

関連記事

You might also like...

RANKING

ALL

NEWS

SNS

EDITORS

FEATURE

WHAT'S NEW