乗松美奈子の 「ミナコラム」

「次なるゴーシャ」はここから生まれる! ロシアのファッション事情を最速レビュー

  • アレクサンダー・アルチュノフのランウェイより、ロシア構成主義を思わせるグラフィックなモチーフと、微妙な色使いでまとめたルック。

  • アレクサンダー・アルチュノフのショーは、元ショッピングセンターのGostiny Dvorにて。フィナーレでは、一旦暗くなった後モデルたちがバーの中に集合し、新たなライティングで浮かび上がると言う設定。photo:Minako Norimatsu

  • ロシアで最も定評があるデザイナー、アレナ・アフマドゥーリナはトレンドをほどよく取り入れ、フェミニンながらインパクトがあるこなれたルックを発表。

  • アレナ・アフマドゥーリナのフィナーレは、シフォンやチュール、動物モチーフの刺繍でロマンチック&ドラマティックなドレスのオンパレード。photo:Minako Norimatsu

  • フトゥルム・モスコウより。モスクワ市内にある、イギリスの大学の姉妹校、アート&デザイン英国高等学校に在学中のダリア・ルカシュ(Daria Lukash)の作品は、ペレストロイカが着想元。

  • フトゥルム・モスコウより。右:歴史的コスチュームに傾倒するマリア・イリシナ(Maria Ilyshina)。左:ミニマルで構築的なシルエットを得意とするオトション(Otocyon)は、近年の注目株。

  • フトゥルム・モスコウより。ウェブアートのクリエイティブ集団、クルゾフ(kruzhok)による初めてのコレクションでは、ポスト・ソビエトのユースカルチャーを凝縮。

  • デザイン学校に通うリザヴェタ・サムソノヴァ(Lizaveta Samsonova)が昨年立ち上げたノット・トゥデイ(Not Today)は、リサイクル素材によるストリートウエアのブランド。ショーはパフォーマンス形式で。

  • アートやデザインの分野でも活動するニキタ・カムコフ(Nikita Kalmykov) によるオドー(Odor)は、20世紀初頭のロシアの地方の部屋着を着想源に、ジェンダーレスなメンズ・コレクションを展開。

  • ファッションウイークのストリート・スナップより。カントリー・タッチをドレスコードにしたおしゃれな4人組。photo: @dmitriy_chumako

  • Vêtements x DHLカプセルコレクションの導入は、ロシアでは初めてで、百貨店TsUMでの限定発売。Tシャツ、ポロシャツのほか、ソックスやキャップも。photo:Minako Norimatsu

  • Vetements x DHLカプセルコレクションのフォトブースにて。私も新作のシャツを羽織って、しっかり記念撮影。

ファッション・ジャーナリスト 乗松美奈子

ファッション・ジャーナリスト 乗松美奈子

パリ在住。ファッション業界における幅広い人脈を生かしたインタビューやライフスタイルルポなどに定評が。私服スタイルも人気。

https://www.instagram.com/minakoparis/

ファッションの今、ファッションのその先へ

関連記事

You might also like...

RANKING

ALL

NEWS

SNS

EDITORS

FEATURE

WHAT'S NEW