乗松美奈子の 「ミナコラム」

真冬のウイーンを彩るのは、動物モチーフとモダニズム

  • 最新映画「犬ケ島」が好評のウェス・アンダーソンは、やっぱり犬好き? 右:ブロンズまたはシルバーの小像。左:16世紀のイタリア絵画。Spitzmaus Mummy in a coffin and other Treasures展はウイーン美術史美術館にて、〜4/28。photo: Minako Norimatsu

  • 「棺桶に入ったトガリネズミのミイラとその他の宝物」展、ウイーン世界民族博物館所蔵作品からのチョイス。右:北米エスキモーの人形と雪靴。左:紀元前エジプトの鷹の木像と、メキシコの猫の形の湯たんぽ。photo: Minako Norimatsu

  • 生前は浮かばれなかった画家、ニコ・ピロスマニの展覧会はアルベルティーナ美術館にて、〜1/27。写真は「白の雌ブタと子ブタたち」。Albertina Museum Albertinaplatz 1 https://www.albertina.at/en/ 

  • 雪化粧をしたベルヴェデーレ宮の庭園。ここの上宮には「接吻」をはじめとするクリムト名作が、下宮にはエゴン・シーレのコレクションがある。Belvedere Museum , Prinz Eugen-Straße 27 https://www.belvedere.at/en photo: Minako Norimatsu

  • ウイーン分離派のグスタフ・クリムト作品でも私が好きなのは、あまりに有名な油彩画より、むしろこの壁画「ベートーヴェン・フリーズ」( 1902)。セセッションにて。Friedrichstraße 12 https://www.secession.at/en/  photo: Minako Norimatsu

  • 街角で見るウイーン建築。右:現在は銀行として使われているLooshausは モダニズム幕開けの1910年頃、アドルフ・ルースによる建築。Herrengasse 2 左:アールヌーヴォーのモザイクが美しい、「白いエンジェル」薬局。Bognergasse 9 photo: Minako Norimatsu

  • 1880年の創立当時は芸術家や文人を集めたカフェ、シュぺルル(Café Sperl)。キーラ・ナイトレイ主演映画「危険なメソッド」(2011)のロケ地としても有名。写真のパティスリーはウイーン名物アップル・シュトゥルーデル。Gumpendorfer Str. 11 http://www.cafesperl.at/en_home.html photo: Minako Norimatsu

  • ウイーン名所の一つは、ラングドシャ(猫の舌の形のチョコレートやクッキー)で有名なパティスリー&サロンドテ、デーメル 。皇女シシィはここのスミレの花の砂糖漬けが好物だったとか。Kohlmarkt 14 https://www.demel.com/en/ photo: Minako Norimatsu

  • 老舗、ブラックキャメル(Zum Schwarzen Kameel)。予約なしで寄れるバーではカラフルなサンドイッチを。レストランでは地元名物ウインナー・シュニッツェル(仔牛のカツレツ)がオススメ。Bognergasse 5 https://www.kameel.at/en/ photo: Minako Norimatsu

  • ヴェスティビュル(Vestibül)は、ネオバロック様式のブルグ劇場内、元々は皇族だけが馬車を乗り入れることができたホールにあるガストロノミック・レストラン、Universitaetsring 2 https://www.vestibuel.at/vestibuel.php?lang=en photo: Minako Norimatsu

  • 昔ながらの佇まい、アルトマン&キューネのクリスマス・ディスプレイ。パッケージデザインは、ヨーゼフ・ホフマンが率いた「ウイーン工房」のアーティストによる。Am Graben 30  http://www.altmann-kuehne.at/11-1-History.html photo: Minako Norimatsu

  • ヨーゼフ・ホフマンを語るのに欠かせないのが、王室御用達の磁器メーカー、アウガルテン(Augarten)のために彼がデザインした“メロン”コレクション。Spiegelgasse 3 https://www.augarten.com/en/ photo: Minako Norimatsu

  • ドロテウム(Dorotheum)は300年以上の歴史を誇るオークションハウス。写真は、競り落とさずとも即購入できるものが並ぶショップ。カール・アウべークのテーブルウエアも。 Dorotheergasse 17 https://www.dorotheum.com/en.html photo: Minako Norimatsu

  • 創業当時から同じ住所に位置するアウべーク工房は、発表後50年以上たっt今見ても新鮮な、グッドデザインの宝庫。直線と曲線のバランスが見事な、カール・アウべーク2代目のブロンズ作品の数々。 photo: Minako Norimatsu

  • アーカイブズより、カール・アウべーク2代目の写真。彼は画家として20世紀初頭のバウハウスに学び、ウイーンに戻って父のブロンズ工房を継ぎ、プロダクト・デザイナーに。 photo: Minako Norimatsu

  • アウべーク工房の棚の一角。いずれの作品もコロンとした形が絶妙なバランス感で、オーストリア・モダニズムの洗練を語っている。 photo: Minako Norimatsu

ファッション・ジャーナリスト 乗松美奈子

ファッション・ジャーナリスト 乗松美奈子

パリ在住。ファッション業界における幅広い人脈を生かしたインタビューやライフスタイルルポなどに定評が。私服スタイルも人気。

https://www.instagram.com/minakoparis/

ファッションの今、ファッションのその先へ

関連記事

You might also like...

RANKING

ALL

NEWS

SNS

EDITORS

FEATURE

WHAT'S NEW