乗松美奈子の 「ミナコラム」

お帰りなさい!ヴァネッサ・シワードが秋のワードローブと共にカムバック

  • Vanessa Seward pour la Redoute Collectionのキャンペーン・ヴィジュアル。右:ブラウス59E、レザーのスカート129E、子供のドレス49E。左:ブーツ199E、フード付きのトレンチ・コートは大人用150E、子供用99E。

  • Vanessa Seward pour la Redoute Collection抜粋。スカーフ(19E)、ブーツ(199E)、コート(189E)は10月1日リリース。コットンのボウタイブラウス(59E)、デニムのスカート(69E)は発売済み。店頭展開はギャラリー・ラファイエットのみ。パリ本店40, Bd Haussmann 75009 Paris

  • 右:Vanessa Seward pour la Redoute Collectionのオフィシャル・ポートレート 左:5月末、パリのホテルGrand Powersでのプレゼンテーションで。彼女が着たのは全てコレクションからのアイテム。コットンのワンピースは79E

  • ヴァネッサの服を拝借した、娘のジャッキー。右ではヴァレンティノのニット、左ではプチバトーのTシャツをドレスとして着て、小物は「ヴァネッサ・シワード」のベルトに見立てたスカーフとバッグで。共に靴はシャネル。

  • ヴァネッサの母(‘70年代の撮影)。右:「ジョン・マークス」のコンビネゾンに、自作の帽子を被って。左:ヴァネッサの祖母が集めていたチャイニーズ・ジャケットを、母も愛用。

  • ヴァカンスのアルバムより。右:スペインのサガロで。ヴァネッサは上下とも「ヴァネッサ・シワード」、ジャッキーは「ボンポワン」にリヴィエラの靴で。左:エジプト・ルクソールにて。白のドレスは、A.P.C.のために自身がデザインしたもの。

  • 愛猫のジョー。クリエイションと直接は関係ないけれど、ヴァネッサの日常に欠かせない。

  • ヴァネッサのインスピレーション。右:数年前に復刻したメンズ誌「Lui」のオリジナル、特に70年代のバックナンバーはとても洗練された内容。左:大好きなミュージック・ホールを巡るアートの中でも、特にエルテの絵に見るコスチュームは魅力的。

ファッション・ジャーナリスト 乗松美奈子

ファッション・ジャーナリスト 乗松美奈子

パリ在住。ファッション業界における幅広い人脈を生かしたインタビューやライフスタイルルポなどに定評が。私服スタイルも人気。

https://www.instagram.com/minakoparis/

ファッションの今、ファッションのその先へ

関連記事

You might also like...

RANKING

ALL

NEWS

SNS

EDITORS

FEATURE

WHAT'S NEW