ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

乗松美奈子の 「ミナコラム」

マリーエレーヌ・ドゥ・タイヤックと行くジャイプール

  • ジャイプール土産。左のパジャマと真ん中のブランケットは本誌でも紹介したゾラシュトラ・インペックスで。ブルーのシャツとラクダを描いたポーチはイドゥリー、黄色のマフラーはアンドラーブで。Photo : Minako Norimatsu

  • ジャイプール土産その2。右:アーユルヴェーダのビューティ・プロダクツ。右からKamaのヘアオイルとフェイスパック、Forest Essentialsのタルク・パウダー、快眠フレグランス、蚊除けスプレー。左:Bapuバザールで見つけたボタン数種。Photos : MInako NOrimatsu

  • 本誌でも紹介したショップ、グッドアースも併設、「ルレ•エ・シャトー」に属するホテル、ラージュマハル・パラス(Rajmaha Palace)。RAJ Bhawani, TEH Sadar Disst, Mandi, Himachal Pradesh 175001

  • レストランも評判のゲストハウス2件。右:ちょっと街外れにあるRoyal Heritage Haveli。Plot No. 116 & 117, Near Khatipura Tiraya, Khatipura左:ファッション関係者に人気のJobner Bagh。 47, Jobner Bagh. Photos: Minako Norimatsu

  • サモード村にあるサモード・パラスの入り口にて。マリーエレーヌと、イドゥリーのデザイナー、ティエリー・ジュルノと。

  • サモード・パラス。右:見学可能な歴史的サロンのディテール。鏡とジェムストーンを駆使した天井の装飾が圧巻。左・サルの親子たちが和む、プールサイド。photos: Minako Norimatsu

  • 市の中心から車で1時間弱、ナハルガ要塞の宮殿に現代アートを配した美術館ザ・スカルプチャー・パーク。右:11月9日の記事で紹介したニラ・ハウスの改装を手がけた建築家、ビジョイ・ジェインによるインスタレーション。左:Ayesha Singhの作品Hybrid Drawings (2018) photos: Minako Norimatsu

  • シティパレスのグドリヤ・スイート。広大なサロンやプライヴェート・プール、テラス、専任のバトラーもついて宿泊は8000ドル也。売り上げは、恵まれない女性たちを支援するため、ディヤ・クマリ・プリンセス財団に寄付されるそう。

ファッション・ジャーナリスト 乗松美奈子

ファッション・ジャーナリスト 乗松美奈子

パリ在住。ファッション業界における幅広い人脈を生かしたインタビューやライフスタイルルポなどに定評が。私服スタイルも人気。

https://www.instagram.com/minakoparis/

ファッションの今、ファッションのその先へ

関連記事

You might also like...

RANKING

ALL

NEWS

SNS

EDITORS

FEATURE

WHAT'S NEW