乗松美奈子の 「ミナコラム」

ディオール、ゴルチエ…… 2020年春夏オートクチュール・ハイライト vol.2

  • ディオールの2020春夏オートクチュール・コレクション。刺繍でメッセージを刺した垂れ幕の前で、女神を思わせるキールックのグループショット。Photo : © Sarah Blais

  • ディオールの2020春夏オートクチュール・コレクションのショー会場は、パリ7区ロダン美術館の庭園に据えられた、ジュディ・シカゴにによる巨大なスカルプチャー。Photo: Courtesy of Dior

  • ディオールの2020春夏オートクチュール・コレクションのランウェイより。右:ファースト・ルックはゴールド・ラメのフリンジ・ドレス。左:ドレープを利かせたジャケットとパンツのスーツを、千鳥格子モチーフのジャカード織りで。Photos: Courtesy of Dior

  • ゴルチエ・パリのフェアウェル・ショーより。右:ショーの序章として投影された、映画『ポリー・マグー お前は誰だ?』(イヴ・クライン監督、1966年)の一シーン。左:リハーサル風景 photo© Anna Palermo

  • ゴルチエ・パリのフェアウェル・ショーより。右:ゴルチエと言えば、マリン・ルック。ジジ・ハディッドが着たセクシー版。左:ゴルチエの永遠の“ミューズ”、タネルも世紀末なルックで登場。Photos: Courtesy of Jean-Paul Gaultier

  • シュプールの1997年4月号より、ジャン=ポール・ゴルチエの初のオートクチュール・コレクションの特集。右:バックステージ photos: Jean-Marc Manson 左:アイコニックなデニムのルックを撮り下ろし。Photo:François Rotger

  • この時期、ショー以外に話題となったイベントから、フェラガモの復刻版Jamais Repoduitsのインスタレーション。右:Rocchetto (1939年)ではまるでローラーブレードのように、筒状のプレクシグラスを使用。左:ベネチアン・グラスのビーズ刺繍を施したFiesta (1957年)。photos: Courtesy of Ferragamo

  • メンズ最終日とクチュール初日、2日間に渡りマキシムズ・パリで開かれたプラダ・モード・パリ。アール・ヌーヴォー・スタイルのレストラン&クラブの所々に、人工知能に基づいたアートワークを設置。Photo: Courtesy of Prada

ファッション・ジャーナリスト 乗松美奈子

ファッション・ジャーナリスト 乗松美奈子

パリ在住。ファッション業界における幅広い人脈を生かしたインタビューやライフスタイルルポなどに定評が。私服スタイルも人気。

https://www.instagram.com/minakoparis/

ファッションの今、ファッションのその先へ

関連記事

You might also like...

RANKING

ALL

NEWS

SNS

EDITORS

FEATURE

WHAT'S NEW