乗松美奈子の 「ミナコラム」

ルブタンを始め、パリ・ファッションウィーク中に幕を開けた3つのモード展。

  • Betty Catroux展より、1968年のオートクチュールから1997年のイヴ・サンローラン・リヴ・ゴーシュまで、サファリ・チュニックを集めたブース。マネキンのウイッグもベティに似せて。Photo: Courtesy of Saint Laurent

  • アンソニー・ヴァカレロによるサンローランのショーより。右・ベティ風のモデルが登場した2019年秋冬。左・2020年秋冬では、ランウェイのフロアをムッシュ・サンローランの元アトリエに似せて。Photo: Courtesy of Saint Laurent

  • 右・ベティ・カトルーとアンソニー・ヴァカレロ photo © David Sims 左・ベティ photo © Steven Meisel Betty Catroux展は〜10/11 Musée Yves Saint Laurent Paris 5, Avenue Marceau 75116 Paris

  • Harper’s Bazaar展より。右・日本人写真家HIroによる写真と、イヴ・サンローランのドレス(手前)。左・1950年代にハーパース・バザール誌のエディターだったダイアナ・ヴリーランド。Photos: Luc Boegly

  • Harper’s Bazaar展は〜7/14 Musée des Arts Décoratifs 107, rue de Rivoli 75001 Paris. 右・1960年代の表紙。左・あまりに有名な、リチャード・アヴェドン撮影のDovima with Elephantと、イヴ・サンローランによるディオールのドレス。Photos: Minako Norimatsu

  • l’Exhibitioniste展は〜7/26 Palais de la Porte Dorée 293, Avenue Daumesnil 75012 Paris。右・初期の作品と掲載記事を集めた部屋で、私が20年程前に書いたシュプールのページを発見!左・会場入り口には“ピンヒール禁止”の看板が。Photos: Minako Norimatsu

  • l’Exhibitioniste展より。“アトリエ”セクションでは、パーツや工具の展示とクリスチャン・ルブタン自身が出演のビデオで、靴の作り方を細かく、楽しく図解。Photo:Courtesy of Christian Louboutin

  • l’Exhibitioniste展より。フェティッシュのテーマは、ハードさとは裏腹に、“イギリスのおばあちゃんち”をイメージしたセッティング。可愛く?見えるカーペットも、よく見るとピエール・モリニエのエロティックな写真がモチーフ。Photo:Courtesy of Christian Louboutin

ファッション・ジャーナリスト 乗松美奈子

ファッション・ジャーナリスト 乗松美奈子

パリ在住。ファッション業界における幅広い人脈を生かしたインタビューやライフスタイルルポなどに定評が。私服スタイルも人気。

https://www.instagram.com/minakoparis/

ファッションの今、ファッションのその先へ

関連記事

You might also like...

RANKING

ALL

NEWS

SNS

EDITORS

FEATURE

WHAT'S NEW