乗松美奈子の 「ミナコラム」

クチュール感覚で付けたいおしゃれマスク

  • 右:ミナコノマスクをつけたヴァネッサ・シワード。撮影は彼女の9歳になる娘、ジャクリーン。 Photo: Jacqueline Burgalat 左:愛犬スウィーティーと共に、元祖ミナコノマスクをつけて初めてのマスクセルフィー photo: Minako Norimatsu

  • 右:封鎖解除となったある晴天の日、セーヌ河岸で。photo: Susanne Junker 左:ロックダウン中は自宅にて、マスクとウエアをマッチングさせてのマスクセルフィーに本格的に着手。 photo: Minako Norimatsu。

  • “ミナコノマスク”リップ・シリーズ。ロックダウンの初期、使い捨てマスクにリップの形を落書きしてみたのがきっかけで、様々な形のリップを刺繍を展開。 photo: Minako Norimatsu。

  • “ミナコノマスク”スペシャル・オーダー品の数々。人気はバンダナとギンガム・チェック。右中段のキャンディストライプの一点は、プリーツをギャザーで代用した新モデル。 photo: Minako Norimatsu。

  • Modulareの提案、おしゃれなシールドはバンダナで。右:マジックテープで簡単につけ外しできるシステム。左:マスクがわりにつけるとこんな感じ。

  • Modulareのスペシャル・マスク。右から時計回りに1. 表地はジャカード、裏地はオーガニックのコットン・ツイル。2. タータンとデニムのリバーシブル。3. レース地の“ブライダル”マスクはオーガニック・コットンの裏地付き。4. 首の後ろでマジックテープで開閉できるタイプ。

  • Ronald van der Kemp のハプニングより、オートクチュール・マスク。モデルたちは用意された道具やガイダンス・ビデオを頼りに自分たち自身でヘアメイク。フィッティングはzoomで進行した。Photos: Marijke Aerden

  • Ronald van der Kemp のハプニングは 4月28日の23:55分からHotel de l’Europeで開かれ、近くの大時計台の鐘が0時を告げるのを合図に幕を閉じた。ドラマチック!Photos: Marijke Aerden

ファッション・ジャーナリスト 乗松美奈子

ファッション・ジャーナリスト 乗松美奈子

パリ在住。ファッション業界における幅広い人脈を生かしたインタビューやライフスタイルルポなどに定評が。私服スタイルも人気。

https://www.instagram.com/minakoparis/

ファッションの今、ファッションのその先へ

関連記事

You might also like...

RANKING

ALL

NEWS

SNS

EDITORS

FEATURE

WHAT'S NEW