ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

乗松美奈子の 「ミナコラム」

全面解除となったパリで今駆けつけたい、パコ ラバンヌの新たな旗艦店

  • 右から:シルバーxゴールドのミニ、発表の年にちなんで名付けられたメタル・パーツ“1969”の円型バッグ(以上2点、2020プレフォール)、コムデ ギャルソンとのコラボはラバー・パーツで。ひな菊型パーツはロドイド。 “1969”を色グラデーションで繋ぎ合わせたミニ(以上2点2020春夏)

  • パコ ラバンヌの期間限定ストア。最上階、フレグランスPacollectionのコーナー(左)では、ヘッドホンでサウンドを聴きながら、スクリーンで各調香のイメージビデオが見られる。photos: Courtesy of Paco Rabanne

  • パコ ラバンヌの期間限定ストア。3月初旬のオープニングにて、記念撮影。メタルメッシュに覆われたキャビン(左)に入ると、四方が鏡に覆われた内側は自分の像が果てしなく続く、インフィニティの世界。左Photo: Courtesy of Paco Rabanne

  • 右:パコ・ラバンヌ氏(1966年)photo: Courtesy of Paco Rabanne。左:メゾンの現アーティスティック・ディレクター、ジュリアン・ドッセーナ photo: Paolo Roversi

  • パコ・ラバンヌ氏の代表作、ゴールドのメタル・メッシュ・ドレスを纏ったフランソワーズ・アルディ(1968年)。photo: Daniel Camus

  • 2016年、ジュリアン・ドッセーナが審査委員長を務めたイエール国際モード・フェスティヴァルで開かれたパコ ラバンヌ展。1966年から50年間のメゾンの代表作約30点を展示。手前のメタル・メッシュ・ドレスは1972年の作。Photo:Minako Norimatsu

  • 今店頭に並んでいる2020年春夏は、ポジティブな虹色。メタル・メッシュもマルチカラーのグラデーションで。左のTシャツはグラフィック・デザイナー、ピーター・サヴィルとのコラボ。photos: Courtesy of Paco Rabanne

  • 2020年秋冬コレクションより。右:メタル・メッシュを、中世の鎧風に新解釈。左:総レースのドレスには、タイルのようなパーツを繋げたアッサンブラージュ・バッグの新作を合わせて。photos: Courtesy of Paco Rabanne

ファッション・ジャーナリスト 乗松美奈子

ファッション・ジャーナリスト 乗松美奈子

パリ在住。ファッション業界における幅広い人脈を生かしたインタビューやライフスタイルルポなどに定評が。私服スタイルも人気。

https://www.instagram.com/minakoparis/

ファッションの今、ファッションのその先へ

関連記事

You might also like...

RANKING

ALL

NEWS

SNS

EDITORS

FEATURE

WHAT'S NEW