ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

乗松美奈子の 「ミナコラム」

大爆発からの復旧に挑むベイルートを支援しましょう!

  • ベイルートから1時間ほどの海と山に挟まれた街、バトルーンにあるラビ&カマル宅でのディナーパーティ。2010年秋、旅の友サフィアと。

  • オーガニックの食材を中心とした「スーク・エル・タエブ」による、レバノン全国に数件を数えるレストラン「タウレット」の本店は、ベイルート。しかしここも、大爆発によって破壊されたそう。

  • レストランに続くプロジェクトとして発足した、「スーク・エル・タエブ」によるベイト(ゲストハウス)は、レバノン全国で4か所。このベイト・ベイルートも、大爆発によって見るも無惨な姿に。

  • 「スーク・エル・タエブ」の創始者、レバノンの食とライフスタイルのアイコンとしても知られる、カマル・ムザウァック。右は彼が3年前に出した、レバノン郷土料理の紹介とレシピの本Manger Libanais(Marabout刊、フランス語)。

  • ベイルート大爆発の翌々日から、被災者救済と市街の復旧に携わるボランティアたちに食事を配給している、「スーク・エル・タエブ」による“エマージェンシー・キッチン”のメンバー。このプロジェクトはマクロン仏大統領も応援している。

  • 大爆発の現場からほど近い、ベイルート市内ジュマイゼ地区。19世紀の邸宅を改装して昨年オープンしたばかりのメゾン・ラビ・カイルーのアトリエ&オートクチュール・サロン兼プレタポルテのブティックの、爆発前と後。

  • カマルのパートナー、頭に22針も縫うほどの傷を負ったデザイナーのラビ・カイルーは、大爆発の5日後、無事な姿をインスタグラムで公開。世界中からの励ましのメッセージと、アトリエ&ブティックの復旧に当たるスタッフに感謝の気持ちを込めて。

  • シンプルながら構築的なシルエットと正確な手仕事、大胆な色使い。彼の特徴が顕著なシグネチャー・ピースに溢れた、ラビ・カイルーの秋冬コレクション。日本ではユナイテッド・アローズで扱いあり。E-shopはhttps://maisonrabihkayrouz.com/

ファッション・ジャーナリスト 乗松美奈子

ファッション・ジャーナリスト 乗松美奈子

パリ在住。ファッション業界における幅広い人脈を生かしたインタビューやライフスタイルルポなどに定評が。私服スタイルも人気。

https://www.instagram.com/minakoparis/

ファッションの今、ファッションのその先へ

関連記事

You might also like...

RANKING

ALL

NEWS

SNS

EDITORS

FEATURE

WHAT'S NEW