ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

乗松美奈子の 「ミナコラム」

バレンシアガのフィルムからルイ ヴィトンのショーまで、徹底解説! 21SSパリコレ 4/4

  • ガブリエラ・ハーストのバックステージ。彼女は本拠地NYでCFDAからウィメンズ・デザイナー・オブ・ザ・イヤーを授かったばかり。今回はパリFWに初参加。Photo : Cris Fragkou

  • スキャパレリのルックブックは、ダニエル自身(左の写真、左)による撮影。ロケ場所はパリの街や、40年代のデザイナー家具コレクションで知られるギャラリー、ジャック・ラコステなど。photos:Daniel Roseberry

  • パコ ラバンヌのショーでは、毎シーズンバッグやドレスに多用されるアイコニックな素材、メタル・メッシュを会場を飾るカーテンにも使用。photo:Courtesy of Paco Rabanne

  • エルメスのショールーム。ショーでは会場の柱を飾ったオーバーサイズの写真が、ここでは壁紙に。右:手前は、ショーのゲストたちに配られたインスピレーション・ブック。左:こんなに洗練を極めたサボが!来シーズンのマストアイテム。Photos : Minako Norimatsu

  • 二つ折りを開くとポールに支えられたCHANELの文字が“飛び出す絵本”式に起き上がり、HOLLYWOODサインを思わせるインビテーション。Photo: Minako Norimatsu

  • シャネルのフィナーレ。会場のグランパレには、サンタモニカ丘陵にあるかの有名な“ハリウッド”サインに似せたCHANELの巨大な文字が。photo:Courtesy of Chanel

  • ルイ ヴィトンの会場は、来年オープン予定のLVMHグループの百貨店、ラ・サマリテーヌ。アールヌーヴォー様式のモザイクと鉄細工の欄干、ガラス張りの天井は見事に修復された。壁と客席のグリーンはショーのための演出。photo:Courtesy of Louis Vuitton

  • ルイ ヴィトンのフィナーレ。全体像で見ると、アールヌーヴォーの会場とコンテンポラリーなルックがコントラストを成し、グリーンの壁には点在するグリーンのバッグが映えて、圧巻。photo : Courtesy of Louis Vuitton

ファッション・ジャーナリスト 乗松美奈子

ファッション・ジャーナリスト 乗松美奈子

パリ在住。ファッション業界における幅広い人脈を生かしたインタビューやライフスタイルルポなどに定評が。私服スタイルも人気。

https://www.instagram.com/minakoparis/

ファッションの今、ファッションのその先へ

関連記事

You might also like...

RANKING

ALL

NEWS

SNS

EDITORS

FEATURE

WHAT'S NEW