乗松美奈子の 「ミナコラム」

展覧会から芝居仕立てのショーまで、話題満載の2022年秋冬オートクチュール週間!

  • アライアのショー。右:彫刻のように象ったレザー使いは、ピーターがアズディン・アライアから受け継いだシグネチャーの一つ。左:今回多用され、アトリエ職人の手で極められたのは、ドレーピングのテクニック。Photos : Courtesy of Alaïa

  • スキャパレリのショーの夜には、パリ装飾芸術美術館で新作の展示を含めたカクテル・パーティが開かれた。右:スワロフスキーとのコラボによるクリスタルのドレス。左:ダニエル・ローズベリー(右)と、スキャパレリの孫で女優のマリザ・ベレンソン。Photos : Courtesy of Schiaparelli

  • Shocking! Les Mondes Surréalistes d’Elsa Schiaparelli 展で、年代を追ったテーマごとの設置から、”占星術”の展示。手前はダニエルによる2021年秋冬オートクチュール 、ウインドウ内はエルザによる作品。Photo : ©Mad Paris - Christophe Dellière

  • シャネルのフィナーレ。現代美術のアーティストであるグザヴィエ・ヴェイヤンによる会場デザインは、モノクロのストライプが織り成すグラフィックなつくり。Photo : © Chanel

  • バレンシアガのショーではセレブリティがモデルを。右:キム・カーダシアンはボディスーツ・ドレス。 左:ニコール・キッドマンはシルバー・コーティングのシルクタフタ・ドレスで。共に手袋と「スペース・パンプス」を着用 Photos : Courtesy of Balenciaga

  • リチャージ可能なバレンシアガの香りキャンドル。ポリッシュ・ミラーを使用した容器デザインはPanter & Tourron。クチュール・ストアで入手可。左:Balenciaga Couture Store 10 Avenue George V 75008 Paris Photos : Courtesy of Balenciaga

  • メゾン マルジェラ「アーティザナル」コレクションより。右:ガリアーノらしい解体・再構築のルック、第二次世界大戦直前ドイツのキャバレーに見る、退廃的な雰囲気。左:刺繍が職人技術のレベルの高さを物語る、デリケートなドレスコート。 Photos : Britt Lloyd for Maison Margiela

  • メゾン マルジェラの映画「Cinema Inferno」のシーンより。右:舞台で進行中のシーンは、同時に背後の大スクリーンに投影され、ライブ配信された。左:フィナーレで目を引いた、シンプルながら完璧なカッティングのコートの一連。Photos : Britt Lloyd for Maison Margiela

  • キム・ジョーンズによるフェンディ。右:ジュエリーアーティスティックディレクター、デルフィナ・デレトレズ・フェンディが手がける初のハイジュエリー・コレクション「フェンディ フラーヴス」をランウェイで発表。左:アール・デコ調のイヴニングドレス Photos : Courtesy of Fendi

  • ヴィクター&ロルフのショーでは、中盤でデザイナー・デュオがランウェイに現れ、モデルのジャケットのメタルの枠組みを取って、構築的なシルエットからソフトな造形へと変化させた。Photo : Courtesy of Viktor & Rolf

ファッション・ジャーナリスト 乗松美奈子

ファッション・ジャーナリスト 乗松美奈子

パリ在住。ファッション業界における幅広い人脈を生かしたインタビューやライフスタイルルポなどに定評が。私服スタイルも人気。

https://www.instagram.com/minakoparis/

ファッションの今、ファッションのその先へ

関連記事

You might also like...

RANKING

ALL

NEWS

SNS

EDITORS

FEATURE

WHAT'S NEW