【トムフォード】の「エベーヌ フュメ」は、瞑想するための香り

新年最初に買おう!と年末から思っていたものがあります。それはフレグランスです。新しい年を迎えると、タオルや、シーツ、下着など直接肌に触れるものをガラッと一新したくなりませんか? 香水を変えるという行為に、その時の気持ちに近いものを感じます。そこで向かったのが、伊勢丹新宿のトムフォード。もともと大ファンではありますが、新作香水「エベーヌ フュメ」が発売されたためです! なんとこのフレグランス、聖なる木と言われる”パロサント”がメインに使用されているんです(お正月にぴったりな感じ……という安易な理由で買ってしまいました)。ウッディ系の香りが特に好きなので、「待ってたよ〜〜〜〜!」という気分です。友人からもらい、私もパロサントを持ってはいるのですが、インセンスよりも楽しみ方が難しく、上手く使いこなせていないことに悩んでいました(煙が出るので、冬場の閉め切った部屋だとさらに、その煙たさが気になる。良い香りなのですが……)。見た目は可愛いので、インテリアとして愛でています(笑)。そんな日常的に使用する難易度が、個人的に高いパロサントを、シュッとひとふきするだけで気軽に楽しめるフレグランスが出るなら買わねば!とおもい、ゲットしました。

50ml・¥31,900です。
50ml・¥31,900です。

LE LABOの「GAIAC」、「SANTAL」のようなウッディな香り(トムフォードの「タバコバニラ」もお気に入りです。ほんのり甘かったり、パウダリーなものに惹かれます。周囲の友人も男女問わず、この系統の香りを好む人が多いです)がとにかく好きで、近しい香りを集めているのですが、これまで経験したことのないような、新感覚なウッド系の香りでした! ひとふきするだけで、ふんわりと香るパロサントは想像以上にライトで、みずみずしい。「意外と軽いかも!」と一瞬、思うのですが、続いてインセンスや、ブラックペッパーのピリッとした深みのあるスモーキーな香りが加わり、じんわりと奥行きが。いわゆるトップノートだけで、ここまで重層的に感じることができるものなのか、と感激しました。ワンプッシュするだけで、外界の騒音がシャットダウンされて、自分自身の感覚が研ぎ澄まされるイメージ。ノイズキャンセリング機能付きのヘッドホンを装着した時と近いです(笑) 時間をおくと、レザーや、ガイアックウッドなど深みのある温かな香りがふわっと全身を包み込み、これがまた心地良い……。プッシュした瞬間から、数時間後まで、ゆっくり時間をかけて、癒されていく感覚はまるでセラピーのよう。当初は仕事に行く時用に、と購入しましたが、寝る前に使うことが増えました。翌日の英気を養うため、ゆっくり休むための時間の相棒として絶賛愛用中です。ウッド系の香りが好きな方はもちろん、自宅での休息時間を充実するアイテムとしてもトライして欲しいです!

エディターHORIEプロフィール画像
エディターHORIE

ファッションとビューティ担当。K-POPを始めとする韓国カルチャーにお熱。茶碗蒸しと無花果の香りが好き。
実家で暮らす柴犬が親友です。

記事一覧を見る