BACK TO LIST

2017.02.28

スタイルセッターが語るマイモード VOL.05中田クルミ

サブカルチャーで目覚めたファッションへの興味

#MY FASHION STORY

世界から注目される原宿カルチャー。その雰囲気を体現し、スタイルアイコンとして支持される中田クルミ。DJや女優としても活躍する彼女のスタイルは、ファッション好きが集まる東京の街と、マンガや音楽などのサブカルチャーがインスピレーションソース。

「中学の頃から、サブカルチャーが大好き。音楽は当時、ヴィジュアル系だった雅(現MIYAVI)の大ファンだったので、ヴィジュアル系ファッションを真似したのが最初でした。『池袋ウエストゲートパーク』や『タイガー&ドラゴン』で宮藤官九郎さんに衝撃を受けて、女優を目指すようになったのもその頃です。原宿に通い始めたのは、高校に入ってから。4歳からずっとバレエを習っていたんですが、高校1年生の頃、靭帯を切ってしまい、それをきっかけに意識が東京に向くようになりました。片道1時間半かけて原宿に通っているうちに、洋服が好きな友達が増えて、どんどんファッションに夢中に。ストリートスナップに載ったり、ファッションイベントの運営スタッフをしたり。そこで繋がった友達は、今もファッション業界にいるので仲がいいんです」。

NEXT:自分のスタイルを貫き通す人が好き



PROFILE
中田クルミ/Culumi Nakada
栃木県生まれ。日本大学芸術学部卒業。ストリート誌の専属モデルを経て、モード誌などジャンルを越えた多方面のファッション誌で活躍。DJとしても活動し、現在、女優として舞台『スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE 〜さよなら絶望学園〜2017』を控えている。

https://www.instagram.com/culumi_nakada/?hl=ja
https://twitter.com/culumi_nakada?lang=ja

You might also like...

RANKING

ALL

NEWS

SNS

EDITORS

FEATURE

WHAT'S NEW