BACK TO LIST

2017.02.28

スタイルセッターが語るマイモード VOL.05中田クルミ

自分にぴったりのロッキンホース

ストーリーのあるアイテム#STORY

思い入れのあるヴィヴィアン・ウエストウッドのアイコンブーツ・ロッキンホースは大学の卒業記念に購入したもの。
「前にも古着屋さんで購入したことがあったんですが、自分サイズにぴったりのロッキンホースは特別。実は、両親が卒業式に袴でも買うようにとくれたお金を、どうにか説得してこのロッキンホース購入に充てたんです。仕事で袴を履く機会があったので、写真はそれで(笑)。ずっとヴィヴィアンが好きだったし、大槻ケンヂさんの小説『ロッキン・ホース・バレリーナ』を読んで憧れも強くて。今、ロッキンホースを履いている人は少ないけれど、その中で履くのが逆に私らしくていい。ブーツ型だと意外と着回しも効くし、ベーシックなファッションでもこれを合わせるだけでスタイリッシュになるんです」。

NEXT:私のデジタルライフ、そして未来



PROFILE
中田クルミ/Culumi Nakada
栃木県生まれ。日本大学芸術学部卒業。ストリート誌の専属モデルを経て、モード誌などジャンルを越えた多方面のファッション誌で活躍。DJとしても活動し、現在、女優として舞台『スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE 〜さよなら絶望学園〜2017』を控えている。


https://www.instagram.com/culumi_nakada/?hl=ja
https://twitter.com/culumi_nakada?lang=ja

You might also like...

RANKING

ALL

NEWS

SNS

EDITORS

FEATURE

WHAT'S NEW