12年に1度「金運上昇の春」にしたいこと。 真木あかりさんの2024上半期「12星座別金運アップ占い」で、絶好のチャンスをキャッチ【今週の占い便り4/2~】

変化の多い世情にともない「金運」への関心が高まっています。特に春を迎えた新生活シーズンは、環境が変わったり、出会いと別れにともなう交際費がかさんだり、思わぬ出費がある時期でもありますが、実は、西洋占星術においては、12年に1度の金運上昇の時期だとか!

そこでおすすめしたのが、真木あかりさんの2024上半期「12星座別金運アップ占い」です。

12年に1度「金運上昇の春」にしたいことの画像_1

2024年は5月26日まで、「幸運と拡大の星」と呼ばれる木星が、豊かさを司る牡牛座に巡ります。星の動きにフィットするアクションをとると、金運が上昇気流に乗りやすいでしょう。12年に一度のチャンスですから……といっても、「ここを過ぎればいいことはひとつもない!」という意味合いではないのですが、占いを活かして楽しく金運を上げてみませんか?

という真木さんが、 12の星座ごとに、金運に追い風が吹く時期と生かし方のアドバイス、金運アップにつながるアイテムをご紹介します!

金運とは単に「お金」そのものを指すわけではありません。収入につながる仕事に関すること、収入源を拡大させるためのスキルについて、成果を出すための人間関係、好機を運んで来てくれる対人運など、着目すべき金運アップにつながるポイントは星座ごとに異なります。

この占いでは、12星座それぞれの2024年上半期の金運をひもとき、その金運を最大限に活かすには何に対してどんなアクションを起こすとよいかが具体的にアドバイスされているので、とても実践的です。

12年に1度「金運上昇の春」にしたいことの画像_2

また、金運をアップしてくれるアイテムも12星座ごとにピックアップ。例えば、5月末に「幸運と拡大の星」と呼ばれる木星が仕事運に入る乙女座。「ここから2025年6月上旬までは、ここまでに培った力をフルに注ぎ込めるやりがいある仕事に恵まれたり、目立つ仕事をしたりとキャリアアップの追い風が吹くでしょう」という真木さんのおすすめは、本に関するもの。

「格調の高い革のブックマークや、インテリアのポイントとなるようなブックエンドはその“読書で開運”のレベルを上げ、金運にもいい影響をもたらすはず」(真木さん)だそうで、カラフルな革のブックマークやオブジェとしても映えるアートなブックマークが紹介されています。

新生活シーズンは、 生活習慣の改善や新しいチャレンジをしやすいとき。「12星座別金運アップ占い」を参考にして、金運アップにつながるラッキーアクションを取り入れてみませんか。(編集R)

FEATURE