今月のスイーツ:「加藤洋菓子の温めて食べるチーズケーキ」【佐久間Pの甘口人生相談「え、それ俺に聞く!?」】

ニッポンのエンタメ界を牽引し、各方面で引っ張りだこの活躍を見せる佐久間宣行さん。仕事から趣味のことまで、悩める大人に向けておすすめスイーツとともにカウンセリング!

今月のお悩み(37歳・メーカー勤務)
仕事に対してやる気も自信もあるほうだと思います。年齢的に部下と仕事をする機会が多くなり、いざプロジェクトを進めると、後輩たちはやや及び腰で私の言いなり。どうやったらやる気を引き出し、同じテンションで仕事ができるのでしょうか? また、どんな上司・先輩だったら「ついていきたい」と思われますか?

語るのではなく結果を見せる。己も進化し続けましょう!

「上司のお悩みあるあるですね。まず、世代間の断絶は確実に存在します。無理に縮めようとせず、埋まらないと考えて行動しましょう。やる気を引き出すには、精神論を熱く説いても伝わらない。これはもう、誰よりも自分が準備して結果で見せるしかなくて、〝大変な仕事の中にある楽しさ・面白さはこれだよ”とそれとなく伝えましょう。たとえば僕なら芸人さんとアイデアを出し合った企画が番組で大ウケしてるとか。芸人さんの既存のネタをただ観るのと、自ら加わって切磋琢磨した作品では、喜びや達成感が違うし、それが信頼につながってほかの番組に出演してもらえたり、『いつでも呼んでください』と言われる存在にもなれる。特に20代は準備や雑用など目に見えない仕事が多いから、それがクリエイティブにつながっていることを体感してもらう。

また、イエスマンや価値観が同じ人ばかりだとチーム・会社としての力は結果的に弱まりがち。僕の場合は、会議のお題について事前に『こんな企画を思いついたけど、どう思いますか?』など、大枠の相談をグループLINEに送ります。食わず嫌いせずに若い世代との価値観のズレや意見の違いを楽しみ、会議ではどんどん言い合って内容を磨きます。進行の過程ではそれぞれのストロングポイントを見つけて伸ばしつつ、マズい方向に行きそうなら個別で注意し、結果を出したら全員の前でホメるように。その一方で、上司自身も替えがきかない、軽んじられない人間になるためにも、常に進化する必要があると、僕は思いますね。

そんなわけでカッコいい人物像を体現するようなスイーツがこちら。温めるという発想、控えめな甘さに潜む深いコク、洗練された佇まい。仕事を熟達する大人にこそ食べてほしいチーズケーキです」

小麦粉を極限まで減らしたNYスタイルのチーズケーキ。クリームチーズに塩気のあるデンマークチーズを加えて。レンジで加熱することで香りも食感もアップ。1個¥2,800
加藤洋菓子●東京都港区三田4の1の31 ☎03-6435-4775 営業時間11時〜19時 ㊡火曜 ※取り寄せ可

 

SOURCE:SPUR 2022年4月号「佐久間Pの甘口人生相談『え、それ俺に聞く!?』」
photography: Saki Omi 〈io〉 text: Yukino Hirosawa

佐久間宣行(さくま のぶゆき)プロフィール画像
TVプロデューサー&ディレクター佐久間宣行(さくま のぶゆき)

「オールナイトニッポン0(ZERO)」の最年長パーソナリティを務めるほか、YouTube「佐久間宣行のNOBROCK TV」でも爆笑必至の企画を配信中!

FEATURE
HELLO...!