オスカー俳優で環境保護活動家、レオナルド・ディカプリオの注目ニュースと華麗なる恋愛遍歴

オスカー俳優で環境保護活動家、レオナルド・ディカプリオの注目ニュースと華麗なる恋愛遍歴

レオナルド・ディカプリオは、日本では「レオ様」の愛称で知られている俳優、映画プロデューサー、脚本家。1997年、『タイタニック』のジャック役で大ブレイクし、一躍スターダムにのし上がる。『レヴェナント:蘇えりし者』で、悲願のアカデミー賞主演男優賞を受賞した。環境保護活動家に熱心なことでも知られている。私生活では、23歳年下のカミラ・モローネと交際中。

 

レオナルド・ディカプリオの注目ニュース

恋人カミラの誕生日に豪華ヨットを貸切り!

2020年6月、23歳の誕生日を迎えた恋人カミラのために豪華ヨットを貸し切り、仲間たちと盛大なパーティを開催したレオ。ロックダウン中に同棲生活をスタートさせたカミラとの進展も気になるところ。

 

恋人カミラの実父と買い出しへ!

自主隔離生活中、今まで接点が目撃されていなかったカミラの実父とも、親しく付き合っていることが判明。これはもはや、家族同然ということ? コロナ収束後のレオとカミラの動きに要注目!

 

レオの華麗なるデートヒストリーをおさらい

数々の美女とデートを重ねながらも、いまだに独身を貫いているレオ。しかし、現在の恋人カミラとは真剣交際へと発展! レオが年貢を納めてしまう前に、これまでのデート相手をプレイバック。

 

レオナルド・ディカプリオのプロフィール

俳優、映画プロデューサー、慈善活動家として活動するレオナルド・ディカプリオのプロフィール。
Photo:Getty Images

レオナルド・ディカプリオは1974年11月11日、アメリカ合衆国のカリフォルニア州ロサンゼルスで、イタリア人の父親、ドイツ人の母親のもとに生まれた。身長は183cm。両親はレオナルドの誕生後、間もなくして離婚。しかし息子のためにと隣近所に居を構え、力を合わせて育児を行っていた。レオナルドは、子役として活動していた3歳年上の義兄(父親の再婚相手の連れ子)に影響され、俳優になることを志す。10代からCMやテレビドラマに出演し始める。

 

レオナルド・ディカプリオのキャリア

1994年、映画『レッドロック/裏切りの銃弾』のパーティでキャッチされた19歳のレオナルド・ディカプリオ。
Photo:Getty Images

1991年、『クリッター3』でスクリーンデビューし、1993年にロバート・デ・ニーロとの共演作『ボーイズ・ライフ』で注目を浴びる。ジョニー・デップと共演した『ギルバート・グレイプ』(1993)でアカデミー賞助演男優賞に初ノミネートされ、バズ・ラーマン監督作『ロミオ&ジュリエット』(1996)では、ベルリン国際映画祭の銀熊賞(最優秀男優賞)を獲得するなど、人気実力ともに若手トップクラスの俳優へと成長。そして、数多くの興行収入記録を塗り替えた1997年公開の『タイタニック』での主演により、ハリウッドスターとして不動の地位を獲得した。ブレイクのきっかけとなった反面、この役の印象が強すぎたため、美少年役のイメージから脱皮するのに苦心することになる。

2001年、映画制作会社アッピアン・ウェイを設立し、映画のプロデューサー業にも進出。2002年にはマーティン・スコセッシ監督との初タッグ作品『ギャング・オブ・ニューヨーク』で、それまでの美少年イメージを払拭し、俳優として新境地を開拓。ところが、この意欲作でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたのは、敵役で共演したダニエル・デイ=ルイスだった。

製作総指揮も手がけた『アビエイター』(2004)で、ゴールデングローブ賞の映画部門主演男優賞(ドラマ部門)を獲得。受賞はならなかったが、アカデミー賞主演男優賞にも初ノミネートされた。以降、『ブラッド・ダイヤモンド』(2006)でも再び同賞にノミネートされるが受賞はならず。

その後、クリストファー・ノーラン監督作『インセプション』(2010)、クリント・イーストウッド監督作『J・エドガー』(2011)、クエンティン・タランティーノ監督作『ジャンゴ 繋がれざる者』(2012)など、話題作に次々と出演。2013年には、『華麗なるギャツビー』でバズ・ラーマン監督と再びタッグを組んだ。

スコセッシ監督と5度目のタッグを組んだ『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(2013)では、ゴールデングローブ賞の映画部門主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞。この作品を最後に俳優活動をしばし休業し、環境保護活動に専念すると発表。約2年を経て、2015年、アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督作『レヴェナント:蘇えりし者』で復帰し、翌年に主演・助演合わせ5度目のノミネートにして初めて、アカデミー賞主演男優賞を受賞した。

クエンティン・タランティーノ監督作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』で初共演を果たしたレオナルド・ディカプリオとブラッド・ピット。
Photo:Instagram(@leonardodicaprio)

2019年には、タランティーノが監督を務める主演作で、ブラッド・ピットと初共演を果たした『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が公開された。そのほか、デイビッド・グランの犯罪ノンフィクション小説の映画化『Killers Of The Flower Moon(原題)』、第26代アメリカ大統領のセオドア・ルーズベルトの伝記映画『Roosevelt(原題)』が待機している。

 

主な映画出演作品
公開年/タイトル/役名
1991/クリッター3/ジョシュ
1993/ボーイズ・ライフ/トビー
1993/ギルバート・グレイプ/アーニー・グレイプ
1995/クイック&デッド/キッド
1995/バスケットボール・ダイアリーズ/ジム・キャロル
1995/太陽と月に背いて/アルチュール・ランボー
1996/ロミオ&ジュリエット/ロミオ
1996/マイ・ルーム/ハンク
1997/タイタニック/ジャック・ドーソン
1998/仮面の男/ルイ14世、フィリップ
1998/セレブリティ/ブランドン・ダロウ 
2000/ザ・ビーチ/リチャード
2001/あのころ僕らは/デレク
2002/ギャング・オブ・ニューヨーク/アムステルダム・ヴァロン
2002/キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン/フランク・W・アバグネイル
2004/アビエイター/ハワード・ヒューズ
2006/ディパーテッド/ビリー・コスティガン
2006/ブラッド・ダイヤモンド/ダニー・アーチャー
2008/ワールド・オブ・ライズ/ロジャー・フェリス
2008/レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで/フランク・ウィーラー
2010/シャッター アイランド/エドワード・テディ・ダニエルズ
2010/インセプション/ドミニク・ドム・コブ
2011/J・エドガー/ジョン・エドガー・フーヴァー
2012/ジャンゴ 繋がれざる者/カルヴィン・キャンディ
2013/華麗なるギャツビー/ジェイ・ギャツビー
2013/ウルフ・オブ・ウォールストリート/ジョーダン・ベルフォート
2015/レヴェナント:蘇えりし者/ヒュー・グラス
2019/ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド/リック・ダルトン

 

代表作

【1993】ギルバート・グレイプ

映画『ギルバート・グレイプ』出演時のレオナルド・ディカプリオ。
Photo:amanaimages

アイオワ州エンドーラの小さな町に暮らす青年、ギルバートがある少女との出会いをきっかけに、人生を見つめ直していくヒューマンドラマ。レオナルドは、ジョニー・デップ演じる主役ギルバートの弟で、知的障害を持つアーニーを演じ、19歳にしてアカデミー賞助演男優賞、ゴールデングローブ賞の映画部門助演男優賞にノミネートされ、世界にその名を知らしめた。

 

【1997】タイタニック

映画『タイタニック』出演時のレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレット。
Photo:amanaimages

実際に起きた豪華客船タイタニック号の沈没事故をもとに描かれたラブストーリー。1998年のアカデミー賞では、作品賞、監督賞をはじめ11部門で受賞した。レオナルド演じる貧しい画家志望の青年ジャックと、ケイト・ウィンスレット演じる上流階級の娘ローズの悲恋を描く。世界的に大ヒットを記録し、世界歴代興行収入ランキングでは、『アバター』(2009)、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)につづき、第3位にランクインしている。(2019年7月現在)レオナルドは本作への出演をきっかけに、名実ともにハリウッドスターとしての地位を確立した。

 

【2004】アビエイター

2004年、『アビエイター』のプレミアのアフターパーティでキャッチされたレオナルド・ディカプリオとケイト・ブランシェット。
Photo:Getty Images

実在したアメリカの大富豪ハワード・ヒューズの波瀾の半生をレオナルド主演で映画化した作品。監督は、『ギャング・オブ・ニューヨーク』に続き、2度目のタッグを組んだスコセッシが務め、レオナルドが設立した映画制作会社アッピアン・ウェイが製作を担当。レオナルドは製作総指揮としても名を連ね、ゴールデングローブ賞の映画部門主演男優賞(ドラマ部門)を受賞した。

 

【2015】レヴェナント:蘇えりし者

映画『レヴェナント:蘇えりし者』で、悲願のアカデミー賞主演男優賞を受賞したレオナルド・ディカプリオ。
Photo:Getty Images

2013年に俳優休業宣言をしたレオナルドの復帰作品。狩りの最中に熊に襲われ、瀕死の重傷を負ったまま森の中に置き去りにされた凄腕ハンター、ヒュー・グラスの壮絶なサバイバルと、復讐劇を描く。主演のレオナルドはこの作品で、悲願のアカデミー賞主演男優賞を受賞した。

 

プロデュース映画作品

製作総指揮作品
公開年/タイトル
2004/リチャード・ニクソン暗殺を企てた男
2004/アビエイター
2011/スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜
2014/ヴィルンガ(ドキュメンタリー)
2015/日の当たる産業(ドキュメンタリー)
2016/アイボリー・ゲーム(ドキュメンタリー)
2016/プラスチック・オーシャン(ドキュメンタリー)
2019/Sea of Shadows(原題)(ドキュメンタリー)

主な製作作品
公開年/タイトル
2007/Gardener of Eden(原題)
2009/エスター
2011/赤ずきん
2013/ウルフ・オブ・ウォールストリート
2013/ランナーランナー
2013/ファーナス 訣別の朝
2016/地球が壊れる前に(ドキュメンタリー)
2016/夜に生きる
2018/Delirium(原題)
2018/フッド:ザ・ビギニング
2018/ズカルスキーの苦悩(ドキュメンタリー)
2019/Ice on Fire(ドキュメンタリー)(原題)
2021/Akira

 

レオナルド・ディカプリオの年収

2011年には、推定年収7,700万ドルで「世界で最も稼いだ俳優」の1位にランクインしたレオナルド・ディカプリオ。
Photo:Getty Images

米経済誌『フォーブス』が発表する「世界で最も稼いだ俳優」ランキングで、2010年には推定年収2,800万ドルで5位にランクイン。2011年には、推定年収7,700万ドルを稼ぎ出し、2位のジョニー・デップの推定年収5,000万ドルに大きく差をつけて1位に輝いた。また2013年には、推定年収3,900万ドルで6位にランクインしている。

 

レオナルド・ディカプリオの恋愛遍歴

クリステン・ザング(1996~1997)

1996年から1997年にかけて、モデルのクリステン・ザングと交際。それまでにも、女優のクレア・デインズやスーパーモデルのナオミ・キャンベルなどと噂になったが、公式の場にツーショットで登場したのはクリステンが初めてであった。子どもっぽい性格のレオナルドが愛想を尽かされ、ふたりの交際は破局を迎えた。なお、レオナルドとの交際前、クリステンは俳優のニコラス・ケイジと婚約していた。

 

ヘレナ・クリステンセン(1997)

『タイタニック』(1997)で、ハリウッドスターとしての地位を不動のものとしたレオナルドは、パーティ三昧の派手な私生活を送るように。そんなときにパーティで出会ったとされるのが、90年代を代表するスーパーモデルのヘレナ・クリステンセン。真剣交際には至らなかったが、一緒にバカンスを過ごす様子が何度もパパラッチされた。

 

アンバー・ヴァレッタ(1998)

1998年には、スーパーモデルのアンバー・ヴァレッタと短期間交際。雑誌で掲載されていたアンバーの姿に、レオナルドが一目惚れし、知人に紹介してもらったという。

 

ジゼル・ブンチェン(1999~2005)

1999年から2005年にかけて交際していたレオナルド・ディカプリオと、スーパーモデルのジゼル・ブンチェン。
Photo:Getty Images

歴代の恋人のなかで、最も有名なスーパーモデルでヴィクシー・エンジェルを務めた経験を持つジゼル・ブンチェンとの交際は、レオナルドからの熱烈なラブコールにジゼルが根負けする形で始まった。1999年から2005年まで、破局と復縁を繰り返しながら約6年間交際。2019年、ジゼルは、レオナルドとの交際を振り返り、自身の不健康なライフスタイルを改善するために、別れを決意したと明かした。

>>ストレスの限界だった? ジゼル・ブンチェン、レオナルド・ディカプリオとの破局理由を語る

 

バー・ラファエリ(2005~2011)

2005年から2011年にかけて交際していたレオナルド・ディカプリオとスーパーモデルのバー・ラファエリ。
Photo:Getty Images

ジゼルに続き交際したバー・ラファエリもまた、ヴィクシー・モデルとして活躍していたスーパーモデル。U2のコンサートのアフターパーティで知り合ったふたりは、レオナルドが、イスラエルにあるバーの実家に挨拶に行くほどの真剣交際で、一時は結婚確実と言われたほど。オン・オフを繰り返しながら5年ほど付き合った。

 

ブレイク・ライヴリー(2011)

ブレイク・ライヴリーとは、ヨーロッパでのデートが複数回目撃された。モデル好きのレオにとっては珍しく、女優との交際ということでも話題になったが、数カ月で破局した。

 

エリン・ヘザートン(2011~2012)

スーパーモデルのエリン・へザートンとは、10カ月ほど交際したが、多忙のため、すれ違いが多く破局。エリンもヴィクシー・エンジェルであった。

 

トニ・ガーン(2013~2014)

次なるお相手トニ・ガーンもまた、ヴィクシー・エンジェルとして活躍していたドイツ人モデルで、レオナルドの18歳年下であった。カンヌ映画祭中のクルージングデートや、コーチェラ・フェスティバルでのツーショットがキャッチされていたが、1年あまりで破局。

 

ケリー・ローバック(2015)

ケリー・ローバックは、レオナルドより15歳下のモデル。2015年4月ごろから交際がスタートし、ニューヨークでサイクリングデートする様子や、USオープンテニスを一緒に観戦する姿などがキャッチされた。交際は長くは続かず、1年足らずで破局。

 

ニーナ・アグダル(2016~2017)

2016年にレオナルド・ディカプリオと交際していたデンマーク出身のモデル、ニーナ・アグダル。
Photo:Getty Images

2016年5月、デンマーク出身のヴィクシー・モデル、ニーナ・アグダルとの交際を極秘でスタート。その後、ニューヨークのハンプトンや、バハマ諸島など、セレブ御用達のリゾート地でのバカンスを度々目撃されるように。カリフォルニア州マリブのビーチでは、パパラッチの目がある中、レオナルドがニーナにキス。その写真によって、レオナルドが「交際宣言をした」と報道された。2017年4月以降、ふたりの目撃情報は皆無となり、同年5月、米エンタメ誌『People』が破局を報じた。

>>またも結婚ならず! レオ様、モデルの恋人と交際1年で破局

 

カミラ・モローネ(2018~)

2018年、レオナルド・ディカプリオとの交際が発覚した、アル・パチーノの継子カミラ・モローネ。
Photo:Getty Images

2018年3月、名優アル・パチーノの継子で、23歳年下のカミラ・モローネとのツーショットが報じられ、交際が発覚。レオナルドは、アル・パチーノと親交が深く、かねてから家族ぐるみで付き合いがあったようだ。2018年頭から交際をスタートさせ、同年8月には、イタリアのリゾート地、ネラーノのビーチで戯れるふたりの姿がキャッチされた。カメラの前で恋人とのラブラブショットを見せることの少ないレオナルドだけに、「ついに結婚を意識しているのでは?」と囁く声も。また、ロックダウン中の自主隔離生活も一緒に過ごしているところがキャッチされ、交際は順調なようだ。

>>レオナルド・ディカプリオの新恋人は、あの名優の娘!

>>レオナルド・ディカプリオ、21歳の恋人にぞっこん? 甲斐甲斐しく世話する様子に「ついに結婚か」

>>雪山でもアツアツなレオナルド・ディカプリオ&カミラ・モローネ! 着ぶくれしたレオがバーガー&ポテトにパクつく姿が激写される

 

レオナルド・ディカプリオの交友関係

トビー・マグワイア

2009年、NBA観戦に出掛けたトビー・マグワイアと、レオナルド・ディカプリオ。
Photo:Getty Images

俳優のトビー・マグワイアとは、子役時代からの親友である。映画『タイタニック』(1997)のプロモーション時には、レオナルドがトビーを連れて来日したことも。また、トビーの娘、ルビーちゃんのゴッドファーザーとなるなど、家族ぐるみでも親交がある。2016年、トビーの離婚が成立すると、シングル同士として休日を楽しむ姿がキャッチされた。恋人とパパラッチされるときには、帽子を目深に被って逃げるように歩くレオナルドも、トビーとのツーショットでは、おどけた素振りで満面の笑顔を見せている。

>>レオとトビー、マブダチってサイコー! 女と別れても、俺たち男同士の友情は永遠さ!

 

オーランド・ブルーム

仲の良いことが知られているレオナルド・ディカプリオとオーランド・ブルーム。
Photo:Getty Images

俳優のオーランド・ブルームとも、かねてから仲良しと報道されている。2017年4月のコーチェラ・フェスティバルでは、一緒に会場を散策する姿がキャッチされている。また、同年6月には、レオナルド、オーランド、トビーの3人が、ニューヨークで、ランチを楽しむ姿がパパラッチされた。カジュアルな格好の3人はその後、仲良くアイスクリーム店へと移動し、優雅な休日を過ごした様子であった。

>>まさにSATC! レオ様、オーリー、トビー・Mの3人が仲良く男子会

 

ケイト・ウィンスレット

2016年、全米映画俳優組合賞主演男優賞を受賞したレオナルド・ディカプリオと、親友のケイト・ウィンスレット。
Photo:Getty Images

1997年に公開された『タイタック』で共演した女優のケイト・ウィンスレットとは、一貫して親友という間柄。レオナルド演じるジャックが、裸になったローズ(ケイト)を描くあの有名なシーンの撮影前、更衣室でばったり鉢合わせたというふたり。何も着ていなかったケイトを見て、部屋を慌てて出ようとしたレオナルドにケイトは「私たちはこれから一日ずっとこうして過ごすことになるのよ。気まずくなるのは、ここで終わりにしなきゃ」と一言。この一件で、お互いの距離がぐっと近くなったという。

2012年、極秘で行われたケイトの結婚式にもレオナルドは出席。父親の代わりにケイトをエスコートしてバージンロードを歩いたとも報じられた。2017年の夏には、フランスのリゾート地、サントロペでバカンスをエンジョイしているふたりの姿がキャッチされ、『タイタニック』のファンからは歓喜の声が続出した。

同年10月のインタビューでケイトは、「『タイタニック』撮影時からこれまでの間で、レオナルドを恋愛対象として見たことは一度もない」と断言。「当時も今も、(レオナルドとは)からかい合ってばかり。すごく素敵な関係だと思っている」と、ふたりの絆の深さを表現した。


>>ケイト・ウィンスレット、親友レオ様には「一度も恋愛感情を抱いたことがない」と断言!

>>『タイタニック』のレオ様&ケイト、プールサイドでの親密なツーショットにファン歓喜!

 

レオナルド・ディカプリオの慈善活動

俳優以外にもエコロジー関連の活動を積極的にこなしているレオナルド。自身監修のエコサイトの開設や、トヨタ・プリウス等のハイブリッドカーを所有するなど、環境保護活動家としても知られている。
2015年、COP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)にてスピーチするレオナルド・ディカプリオ。
Photo:Getty Images

環境保護財団「レオナルド・ディカプリオ基金」

レオナルドは、慈善活動家としても知られており、1998年に環境保護財団「レオナルド・ディカプリオ基金」を設立。同基金は設立以来、生物保護、再生可能エネルギー、気候変動、先住民の権利など、世界中の200以上のプロジェクトを支援している。

毎年夏には、多くのセレブを招待したチャリティ・ガラパーティを開催。2017年に南フランスの高級リゾート地、サントロペで開かれたパーティでは、レニー・クラヴィッツやマドンナなど大物スターがパフォーマンスを披露し、ピカソやジェフ・クーンズの作品などが出品され、一晩で4000万ドルの資金が集まった。

基金設立20年を迎えた2018年には、地球の気温変動対策の寄付金総額が過去20年間で1億ドルを超えたことを発表した。2019年3月には、投資会社プリンスビル・キャピタルと協力して、種の保存や気候変動といった環境プロジェクトに1億5000万ドル規模の資金提供し、「気候変動技術ファンド」のアドバイザーにも就任すると発表された。

 

その他の活動

2010年には、絶滅の危機に瀕しているトラを保護するため、世界自然保護基金(World Wide Fund for Nature、WWF)に100万ドルを寄付。さらに、ロシアで開催される国際トラ会議にも出席することが明らかとなった。

>>レオナルド・ディカプリオ、自身が主催する慈善活動で大忙し!

>>レオナルド・ディカプリオに称賛の声! 「アマゾン放火に加担した」と非難されるも冷静に対処する

 

レオナルド・ディカプリオのエピソード

2014年、第86回アカデミー賞の授賞式に母親を連れて出席したレオナルド・ディカプリオ。"
Photo:Getty Images

レオナルドはレッドカーペットやイベントに両親を同伴することが多く、セレブ界きっての親孝行者として有名。とくに母親のイルメリンとは大の仲良しで、“ママっ子”と揶揄されることも少なくない。『レヴェナント:蘇えりし者』(2015)の名演で主演男優賞に輝いた2016年のアカデミー賞授賞式へは、両親を招待。インタビューでレオナルドは「幼い子どもの夢を叶えるため、毎日のように放課後、オーディションへの送り迎えをしてくれた両親には感謝してもしきれない」と語っている。

>>レオナルド・ディカプリオ、休日は恋人より家族を優先?

ファッションの今、ファッションのその先へ

You might also like...

RANKING

ALL

NEWS

SNS

EDITORS

FEATURE

WHAT'S NEW