王室脱退で世間を騒がせたメーガン妃! その目まぐるしい人生を一気にプレイバック

王室脱退で世間を騒がせたメーガン妃! その目まぐるしい人生を一気にプレイバック

メーガン妃は米ドラマ『SUITS/スーツ』(2011年~)に出演していたことで知られる元女優で、ヘンリー王子の妻。国際色豊かなバックグラウンドと、自らをフェミニストと語るその姿勢は世界中から注目される。2020年1月、ヘンリー王子と共に王室脱退を発表した。

 

メーガン妃の注目記事

英王室の暴露本が、センセーショナルに報じられる

ヘンリー王子とメーガン妃の伝記『Finding Freedom(原題)』には、ヘンリー王子夫妻がウィリアム王子夫妻に嫉妬していたことなど、センセーショナルな内容が書かれているという。ふたりは寄稿をしていないが、著者たちは“メーガンの代弁者”と呼ばれるほど夫妻に近い存在であることから、「ヘンリー王子夫妻による暴露本」といっても過言ではなさそう!?

 

ヘンリー王子夫妻は「まるでハネムーン期のカップル」

終始甘いムードでイベント会場に向かうヘンリー王子夫妻を、ボディランゲージの専門家は「ふたりの雰囲気は、ハネムーンの時間の延長のようなんです」と分析。結婚当初よりお互いへの愛が深まっているよう?

 

自己流を貫いたメーガン妃のファッション革命

肌の露出度が高いデザインを好んだり、正装では必須のストッキングを穿かなかったり、英王室ではタブーと言われるバッグの斜めがけを何度も取り入れたり。わずか2年間で自己流を貫いたメーガン妃の「型破りなロイヤルファッション」を振り返る。

  

メーガン妃のプロフィールと家族

1981年8月4日、アメリカ合衆国ロサンゼルス生まれたメーガン妃。
Photo:Getty Images

メーガン妃は、1981年8月4日、アメリカ合衆国ロサンゼルス生まれ。身長は170cm。母親はアフリカ系アメリカ人、父親はアイルランド系オランダ人という国際色豊かなバックグラウンドを持つ。アメリカ中西部の名門、ノースウェスタン大学で演劇と国際関係学を専攻し、在学中はアルゼンチンの米国大使館でインターンをしていた。豊富な知識を評価され、カナダの首相ジャスティン・トルドーと対談した経験も持つ。2002年、米ABCで放送されているドラマ『General Hospital(原題)』に出演し、女優デビュー。2005年には、映画『最後に恋に勝つルール』に出演し、テレビドラマだけでなく、映画界にも進出。2011年に出演したドラマ『SUITS/スーツ』(2011~)のレイチェル役が当たり役となり、知名度を上げる。

  

父トーマス・マークル

ヘンリー王子との結婚式直前、メーガン妃のロイヤルウェディングに向けて準備する実の父、トーマス・マークルの姿がゴシップ誌に掲載されたが、後にこれらの写真はすべて、パパラッチと父トーマスが仕組んだやらせ写真であったことが発覚。パパラッチの追跡が原因による事故で、母親の元ダイアナ妃を亡くしたヘンリー王子は、メーガン妃の家族のプライバシーを尊重するよう、パパラッチに釘を刺していたという経緯もあり、英国内ではトーマスの行為を非難する声が続出。また、心臓発作を起こして入院をしていたため、体調に不安があることなどを理由に、トーマスは結婚式不参加を表明。メーガン妃は式当日、バージンロードをチャールズ皇太子と歩くこととなった。

>>メーガン・マークルの父、結婚式への出席は絶望的! 式目前に心臓手術を受ける

>>メーガン妃にさらなる追い打ち! 「手紙流出」問題で、実父と法廷対決の可能性が浮上


チャリティ活動

Photo:Instagram (meghanmarkle)現在はアカウント削除済み
Photo:Instagram (meghanmarkle)現在はアカウント削除済み

幼い頃から女性のエンパワメントや社会問題への意識が高かったメーガン。11歳のときに目にしたテレビCMで、「米国中の女性が、鍋やフライパンのしつこい油汚れと戦っている」というキャッチフレーズに心を痛め、当時のファーストレディ、ヒラリー・クリントンに手紙を送って抗議。この手紙はニュース番組で取り上げられ、CMの表現が差し替えられるという大きな体験に繋がった。

また、ホームレスの人々に無償で食事を提供するボランティア活動「スープキッチン」にも10代の頃から参加。2015年には、女性の地位向上を目的とする国連の組織「UN ウィメン」の親善大使に就任し、同年3月の国際女性デーにはニューヨークの国連本部でスピーチを行った。2016年には世界の子どもたちを支援する国際NGO「ワールド・ビジョン」の親善大使に就任し、ルワンダの「クリーン・ウォーター・キャンペーン」に参加した。

 

メーガン妃の女優としてのキャリア

主なテレビドラマ出演作一覧

出演年/タイトル/役名
2008/新ビバリーヒルズ青春白書90210/ウェンディ
2009/ナイトライダー/アニー・オルテス
2009/WITHOUT A TRACE/FBI 失踪者を追え!/ホリー・シェパード
2009/ FRINGE/フリンジ/エイミー・ジェサップ捜査官
2009/The League(原題)/Meghan
2010/CSI:マイアミ/リア・モントーヤ警官
2011/SUITS/スーツ/レイチェル・ゼイン

 

主な映画出演作一覧

公開年/タイトル/役名
2010/リメンバー・ミー/メーガン
2011/モンスター上司/ジャミ―
2011/The Boys and Girls Guide to Getting Down(原題)/Dana

 

代表作

『SUITS/スーツ』(2011年〜)

ニューヨークの大手法律事務所を舞台にしたテレビドラマ。敏腕弁護士と、天才的な頭脳を持つ青年がタッグを組み、さまざまな訴訟に挑んでいく。メーガン妃は、主人公の恋人となる、パラリーガルのレイチェル・ゼイン役を好演。ドラマとともに人気が爆発し、メインキャストのレイチェル役を7年間演じた。

  

メーガン妃の恋愛遍歴

トレヴァー・エンゲルソン

映画制作会社社長のトレヴァー・エンゲルソンとは2004年から交際し、8年目の2011年に結婚。しかし、互いの仕事の都合で遠距離生活が続き、2年後の2013年8月に離婚。離婚申請の理由は「和解しがたい不和」としている。

  

メーガン・マークルがメーガン妃になるまで

ヘンリー王子との出会いから交際

2016年7月、共通の友人がセッティングしたお見合いデートでヘンリー王子と出会ったメーガン妃。
Photo:Getty Images

2016年7月、共通の友人がセッティングしたお見合いデートでヘンリー王子と出会い、意気投合。帰国後も連絡を取り合い、メーガン妃は仕事の合間を縫って足しげくロンドンを訪れ、親交を深めていった。同年11月には、交際2カ月にして、ヘンリー王子の兄ウィリアム王子夫妻や父チャールズ皇太子への紹介も済ませていると報じられ、真剣な交際を進めていく。

>>ヘンリー王子に新恋人出現の噂が! すでにプロポーズも検討中!?

 

婚約

2017年11月27日、英王室の広報がヘンリー王子とメーガン妃の婚約を発表。ケンジントン宮殿の「ホワイトガーデン」にふたり揃って登場し、フォトコールに応じた。メーガン妃は3つのダイヤがついた婚約指輪を披露。ハリー王子の亡き母、ダイアナ元妃のブローチをリメイクしたものと言われている。

>>ハリー王子&メーガン・マークル、ついに婚約を発表

 

結婚式

2018年5月19日、ロンドン郊外ウィンザー城のセント・ジョージ礼拝堂で結婚式を挙げたメーガン妃。
Photo:Getty Images

2018年5月19日、ロンドン郊外ウィンザー城のセント・ジョージ礼拝堂で結婚式を挙げた。式典では、米ゴスペルグループ、カレン・ギブソン・アンド・ザ・キングダム・クワイアが登場し、『スタンド・バイ・ミー』を大合唱。さらに、当時弱冠19歳のチェロ奏者シェク・カネー=メイソンがオーケストラとともに演奏するなど、かつてない式典のパフォーマンスが注目を集めた。式後、礼拝堂の入り口でふたりは口づけを交わし、馬車でウィンザー市内をパレード。沿道には、ふたりの姿を一目見ようと12万人が詰めかけ、祝福した。

ウィリアム王子とキャサリン妃の子どもたち、ジョージ王子とシャーロット王女も式典に出席。
Photo:Getty Images

ウィリアム王子とキャサリン妃の子どもたち、ジョージ王子とシャーロット王女は、それぞれページボーイ、ブライズメイドとしての任務を果たした。

式には、ダイアナ元妃の姪のキティ・スペンサーの姿も。
Photo:Getty Images

式には、各国のロイヤルファミリー、ダイアナ元妃の姪のキティ・スペンサー、ヘンリー王子の元恋人クレシダ・ボナスやチェルシー・デービー、デヴィッド&ヴィクトリア・ベッカム夫妻、ジョージ&アマル・クルーニー夫妻、メーガン妃の出世作であるドラマ『SUITS/スーツ』(2011~)の共演者といった豪華な顔ぶれが揃った。

>>ヘンリー王子とメーガン・マークルが結婚! 前代未聞の式典から、豪華セレブの参列者までお届け

 

ウェディングドレス

クレア・ワイト・ケラーが手がけたジバンシィのウェディングドレスに身を包んだメーガン妃。
Photo:Getty Images

メーガン妃は英国出身でブランド初の女性デザイナー、クレア・ワイト・ケラーが手がけたジバンシィのウェディングドレスに身を包んだ。

 

ブライダルメイク

ナチュラルかつ上品なメイクアップに仕上げたメーガン妃。
Photo:Getty Images

結婚式では、メーガン妃のヘルシーな魅力を引き立たせるナチュラルかつ上品なメイクアップが注目を集めた。メイクアップを手がけたのは、メーガン妃の7年来の友人でメイクアップアーティストのダニエル・マーティン。目もとにはベージュ〜スモーキーブラウンのアイシャドウで自然な陰影を作り、太めの眉とブラックのリキッドアイライナーで凛とした表情を演出。口もとはシアーな色づきのコーラルピンクカラーのリップティントをセレクトし、メーガン妃の笑顔に華を添えた。

>>メーガン・マークルの素材をいかすブライダルメイク

 

ブライダルネイル

メーガン妃の指先を彩ったネイルは、エッシーのもの。
Photo:Getty Images

メーガン妃の指先を彩ったブライダルネイルは、エッシーのネイルポリッシュ 162。日本のバラエティストアでも購入できるもので、お値段約1,500円とプチプラなことでも話題を集めた。海外では「ballet slippers」、日本では「バレエ シューズ」という色名でおなじみのこのネイルカラーは、英国ではエリザベス女王の長年の愛用品としても知られている。

>>エリザベス女王もにっこり。メーガンの品格ロイヤルネイル

 

メーガン妃の子ども

2018年10月15日、英王室は公式インスタグラムで「サセックス侯爵夫妻は妃の懐妊を報告できることを、とても嬉しく思っております。出産は、2019年春頃を予定しています」とメーガン妃が第1子を妊娠していることを発表した。

2019年5月6日に誕生した、メーガン妃&ヘンリー王子の第1子、アーチー・ハリソン・マウントバッテン=ウィンザー。
Photo:ロイター/アフロ

2019年5月6日、第1子のアーチー・ハリソン・マウントバッテン=ウィンザーを出産。アーチーはアーチボルドの略だが、その語源は「純正」、「大胆」、「勇敢」という意味。また、アーチーにはダンバートン伯爵という称号を持つ権利があったが、ヘンリー王子とメーガン妃の意向で称号を与えないことを選択。 その代わりにイギリスで古くから伝わる一般敬称「マスター」を加え、マスター・アーチーと呼ばれることになった。

>>ヘンリー王子、念願のベビー誕生に感極まる! ウィリアム王子&キャサリン妃もエールを送る

>>メーガン妃、妊娠後初の公務に登場。はじめて受け取ったベビーギフトは?

>>頬を膨らませたアーチーがカメラを独占! メーガン妃&ヘンリー王子一家のクリスマスカードが公開に

  

メーガン妃の公務

挙式から1カ月足らずでエリザベス女王と初公務が実現したメーガン妃。
Photo:Getty Images

2018年5月に王室入りしたメーガン妃。同年6月14日には、挙式から1カ月足らずでエリザベス女王とふたりでの初公務が実現し、チェシャー州ウィドネスのマージー・ゲートウェイ・ブリッジの開通式に出席した。式典中は、楽しそうに会話するふたりの姿がキャッチされ、英『Daily Mail』誌は、エリザベス女王は終始笑顔を絶やさなかったと報じた。

>>エリザベス女王とメーガン妃が、ふたりで笑顔の初公務!

 

「ロイヤルアスコット」に初参加したメーガン妃。
Photo:Getty Images

同年6月19日、競馬界と社交界による最大のイベント「ロイヤルアスコット」に、ヘンリー王子らとともにメーガン妃は初参加。ジバンシィの白いシャツドレス姿で華々しくデビューを飾った。この日のレース「セントジェームズパレスステークス」では、イタリア出身の名ジョッキー、ランフランコ・デットーリ騎手に優勝トロフィーを授与するという大役を務めた。

>>メーガン妃「ロイヤルアスコット」初参加! ジバンシィのドレスで華々しいデビューを飾る

  

チャリティイベントに夫婦揃って参加したメーガン妃。
Photo:Getty Images

同年9月4日にはヘンリー王子が支援を行う、毎年恒例のチャリティイベントに、夫婦揃って参加。難病や重い障害を抱えながらも勇敢に生きる子どもたちを称える「ウェルチャイルド・アワード」というイベントで、メーガン妃はヘンリー王子とともに子どもたちと言葉を交わした。

>>英ヘンリー王子&メーガン妃が笑顔を振りまく! 毎年恒例のチャリティイベントに夫婦揃って参加

  

初の単独公務として、料理本『Together:Our Community Cookbook』の出版をサポートしたメーガン妃。
Photo:Instagram(kensingtonroyal)

同年9月17日には、メーガン妃が出版をサポートした料理本『Together:Our Community Cookbook』が発売されることをケンジントン宮殿が発表。メーガン妃にとって初めての単独公務としても注目が集まった。この料理本は、2017年6月にロンドンのグレンフェル・タワーで起きた火災の被害者によるコミュニティ「ザ ハブ コミュニティ キッチン」の女性メンバーたちが中心になって制作したもので、様々な国の料理をもとに50種類以上のレシピが掲載されている。コミュニティの活動に感銘を受けたメーガン妃は、「この活動がより広く知れ渡って欲しい」という思いから、本の出版をサポートすることを決めたと語っている。

>>英メーガン妃、初の単独公務は料理本の出版! テニス界の女王セリーナ・ウィリアムズも絶賛

  

妊娠公表後も精力的に公務を行ったメーガン妃。
Photo:Getty Images

同年10月に妊娠公表後も、メーガン妃は精力的に公務を行った。2019年1月の新年を迎えて初めての公務では、女性の就労を支援する慈善団体「スマート ワークス」のオフィスに赴き、支援を受けた女性たちと意見交換をした。

>>妊娠中もヒールを愛用! 出産を控える英メーガン妃、今年初公務へ

 

メーガン妃の交友関係

セリーナ・ウィリアムズ

メーガン・マークルと親交が深い、セリーナ・ウィリアムズ。

Photo:Getty Images

テニス選手のセリーナ・ウィリアムズは、メーガン妃の親友として知られている。メーガン妃のベビーシャワーは、セリーナが主催し、メーガン妃をもてなした。

>>出産まで2カ月を切ったメーガン妃! セリーナ・ウィリアムズたち友人たちがベビーシャワーを開催

 

ジョージ&アマル・クルーニー夫妻
ジョージ&アマル・クルーニー夫妻とは、夫婦ぐるみで仲良しのメーガン・マークル。

Photo:Getty Images

俳優のジョージ・クルーニーと、その妻で国際弁護士のアマル・クルーニーとは夫婦揃って親交がある。2018年8月には、イタリア・コモ湖にあるクルーニー夫妻の別荘をメーガンとヘンリー王子が訪れ、プライベートクルージングを一緒に楽しんだと報じられた。2019年のメーガンのベビーシャワーにも、アマルは姿を見せている。

>>ヘンリー王子&メーガン妃、クルーニー夫妻の別荘を訪問!


プリヤンカー・チョープラー
女優のプリヤンカー・チョープラーも、メーガン・マークルの友人のひとり。Photo:Getty Images
インド出身の女優、プリヤンカー・チョープラーもメーガンの友人として知られる。メーガンのロイヤルウェディングにも出席したプリヤンカーは、式後にインスタグラムで祝福のメッセージを投稿。「ときどき、時間が止まったように感じるときがあるけれど、今日それが起きたわ。あなたは優雅さと愛、美しさを絵に描いたような人。あなたたちふたりが取り仕切ったこの結婚式のことはすべて、歴史に残ることでしょう。この素晴らしい結婚式は変革と希望を意味しているから。そしてそれは、人々が切に望んでいるものなのです」と綴った。

 

キャサリン妃との不仲説

キャサリン妃との不仲説がたびたび報じられてきた、メーガン妃。
Photo:Getty Images

ヘンリー王子の兄ウィリアム王子の妻、キャサリン妃とは、不仲説が噂されるなど、その関係が度々取り沙汰されている。2018年3月には、ロイヤルウェディングを5月に控えたメーガン妃をキャサリン妃が積極的にサポートしていると報道され、ふたりの友好的な関係が明らかに。キャサリン妃は当時、第3子ルイ王子を妊娠中だった上、幼いふたりの子どもたちの世話など多忙を極めていたが、メーガン妃が新しい生活に慣れるようにと王室の習慣を教えるなど、できる限りサポート。キャサリン妃への日々の感謝の気持ちを込めて、メーガン妃は手作りスイーツや料理の差し入れをしていると報じられた。

引っ越した理由も不仲説では?と報じられていたメーガン妃。
Photo:Getty Images

しかし、2018年11月、第1子妊娠中のメーガン妃とヘンリー王子が、キャサリン妃とウィリアム王子一家も敷地内に暮らすケンジントン宮殿から別の新居へ引っ越すと報じられると、キャサリン妃とメーガン妃の不仲説が浮上。米ゴシップサイト『Entertainment Tonight』は「ヘンリー王子とメーガン妃が引っ越しを決めた理由のひとつに、ウィリアム王子&キャサリン妃夫妻との間に溝があるためではないか?」との見解を掲載。続けて「特にメーガン妃とキャサリン妃は異なる考え方の持ち主だ」とふたりの性格の相違を報じた。しかしながら一方で「今回の引っ越しは単に、第1子を迎えるにあたり、現在暮らしている間取りでは小さすぎるためだ」とする報道もあるなど、不仲説の真相は闇の中。

>>英メーガン妃&ヘンリー王子が、ケンジントン宮殿から引越し! キャサリン妃との不仲説も浮上

 

2019年3月に開催された、チャールズ皇太子のウェールズ公叙任50周年を祝うレセプションでは、メーガン妃とキャサリン妃の距離感が注目を集めた。

チャールズ皇太子のウェールズ公叙任50周年を祝うレセプションでは、メーガン妃とキャサリン妃の距離感が注目を集めた。
Photo:Aflo

ウィリアム王子とヘンリー王子を間に挟み、距離を置いているかのようにも見えるメーガン妃&キャサリン妃。式典でも、会話するシーンは見られなかったそうで、「ふたりの不仲説は濃厚」と報じるメディアもあった。

>>英チャールズ皇太子の祝賀会に、ファブ・フォーが集結! キャサリン妃&メーガン妃の不仲説は濃厚!?

>>メーガン妃&キャサリン妃、会話はなくとも息はぴったり! お互いを引き立てたドレスカラーでファブ・フォーの終幕を飾る

 

メーガン妃のファッション

婚約発表時に生足で登場し、注目されたメーガン妃。
Photo:Getty Images

2017年11月27日、婚約を発表し、ケンジントン宮殿内でフォトコールに応じたヘンリー王子&メーガン妃。英王室では、公務の席でストッキングやタイツを着用するのが暗黙のルールだったが生足で登場し、注目が集まった。

初の「ロイヤルアスコット」では、ジバンシィのシャツドレスをセレクトしたメーガン妃。
Photo:Getty Images

2018年6月19日、「ロイヤルアスコット」にヘンリー王子とともに初参加したメーガン妃。ジバンシィの白いシャツドレスに、同ブランドの黒いベルト、シューズ、クラッチバッグを合わせたモノトーンのシックなスタイリングで、華々しくデビューした。

淡いベージュピンク色のプラダのカスタムドレスに身を包んだメーガン妃。
Photo:Getty Images

2018年6月26日、バッキンガム宮殿で開かれた「ヤング・リーダー・プログラム」の授賞式に出席したメーガン妃。この日は、ダブルボタンが特徴的な淡いベージュピンク色のプラダのカスタムドレスに身を包んだ。

  

メーガン妃のマタニティファッション

タイトなワンピースやハイヒールなど、シャープなスタイルを好むメーガン妃。第1子アーチーの妊娠中もそのスタイルは変わらず、メーガン妃流のマタニティスタイルが注目の的に。

外遊では太腿が透けてみえる大胆なスカートを着用したメーガン妃。
Photo:Getty Images

2018年10月31日、16日間に及ぶロイヤルツアー最終日を迎え、メーガン妃はニュージーランド・ロトルアの市街を散策。「太腿が透けている!」とメディアを沸かせた、ニットとセットアップのスカートはジバンシィ。足もとは御用達のブランド、マノロ ブラニクのパンプス。

モードなマタニティスタイルを好むメーガン妃。
Photo:Getty Images

2018年11月19日、ロンドン・パラディウム劇場で行われたチャリティイベント「ロイヤル・バラエティ・パフォーマンス」に出席。選んだのは、サフィヤの総スパンコールのトップス。お腹が大きく膨らもうと、スタイリッシュなスタイルを曲げないのがメーガン妃流。

赤と紫の大胆な組み合わせで登場したメーガン妃。
Photo:Getty Images

2019年1月14日、2019年初の夫婦揃っての公務でハミルトンスクエアを訪問。セントーラーのコートとスチュアート・ワイツマンのパンプスを目を奪うような赤でリンクさせ、アリツィアのドレスも存在感のあるラベンダーと色鮮やか。バッグはガブリエラ ハースト。

モロッコで行われたレセプションパーティでエレガントな着こなしが話題を集めたメーガン妃。
Photo:Getty Images

2019年2月24日、モロッコで行われたレセプションパーティに出席。ビスポークのガウン、バッグ、シューズ、とディオールで揃えたエレガントな着こなしを披露。耳もとには、ゴージャスに輝くバークスのイヤリングを添えた。

 

メーガン妃のビューティ

メイクアップ

素材を生かしたナチュラルなメイクアップが特徴のメーガン妃。
Photo:Getty Images

素材を生かしたナチュラルなメイクアップが特徴のメーガン妃。ロイヤルファミリーとなる前のインタビューで、ナーズのチーク「オーガニズム」を愛用していることを語っている。自然に上気したような頬を演出するサーモンピンクカラーの同チークは、キャサリン妃も愛用の品だそう。

>>キャサリン妃とメーガン・マークルのお揃い「ロイヤル婚チーク」

 

ヘアスタイル

無造作なシニョン姿のメーガン妃。
Photo:Getty Images

メーガン妃のナチュラルなスタイルは、ヘアにも表れている。2018年3月23日、ヘンリー王子とともに北アイルランドの都市リスバーンを訪れたメーガン妃。英王室の女性たちは髪をシニヨンにまとめる際、ヘアネットを使用するなどして、髪が乱れないようにするのが慣わし。当時はまだ婚約中で正式なロイヤルファミリーメンバーではないとはいえ、メーガン妃の無造作なシニヨンスタイルに注目が集まった。

>>メーガン・マークルが人知れず打ち破ってきたロイヤルファミリーの「常識」とは?

ファッションの今、ファッションのその先へ

You might also like...

RANKING

ALL

NEWS

SNS

EDITORS

FEATURE

WHAT'S NEW