ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

姉御肌のパワフルウーマン! 歌手ピンクの最新ニュースと感動エピソード

姉御肌のパワフルウーマン! 歌手ピンクの最新ニュースと感動エピソード

ピンクは、アルバム『Can’t Take Me Home』(2000年)で歌手デビュー。飾らないキャラクターとパワフルな歌で、世界中から人気を集めている。2004年には、グラミー賞最優秀女性ロック・ヴォーカル・パフォーマンス賞を獲得した。プライベートでは二児の母であり、慈善活動家としても知られている。

 

ピンクの最新ニュース

新型コロナウイルス感染から完全復活を遂げる

自身と歳の息子が新型コロナウイルスに感染し、ともに回復したことを明かしたピンク。最前線で戦う医療関係者を支援するため、約1億円の寄付をしたことを報告した。米テレビ番組にリモート出演したピンクは、闘病生活を振り返り、涙を見せる一幕も……。

>>新型コロナウイルス感染から完全復活を遂げたピンク、娘と笑顔でハグ! 3歳息子との闘病生活を涙ながらに語る

>>トップアーティストたちが自宅から配信! 豪華すぎる「フリーコンサート」が世界中の人々を笑顔に

ピンクのプロフィール

ピンク色のヘアーとパワフルな歌声で知られるアメリカの歌手ピンク。
Photo:Getty Images

ピンクは、1979年9月8日、アメリカ合衆国フィラデルフィアで生まれた。身長は163cm。ピンク色のヘアーとパワフルな歌声で知られる歌手。本名はアリーシア・ムーア。父の影響で音楽に興味を持つようになったが、7歳のころに両親が離婚し、最愛の父が家を出てしまう。母親は、歌手になりたいというピンクの夢に理解を示さず、高校を中退したときには、家から追い出されたという。プライベートでは夫ケアリー・ハートとの間に娘のウィローちゃんと息子ジェムソンくんのふたりの子どもに恵まれ、母としての一面も持つ。

 

ピンクのキャリア

シングル曲『There You Go』でデビューしたピンク。
Photo:Getty Images

10代のころからクラブに通い始め、13歳のときにバックボーカルとしてラップグループに参加。デモテープの制作や作曲を始める。レコード会社からオーディションに誘われ、Basic Instinctというグループを結成するも、グループはすぐに解散。その後、ソングライティングの才能を開花させ、R&B路線で活動することを決める。アメリカのアトランタを拠点とするレーベルの創立者、アントニオ・“LA”・リードにアプローチをかけると、ソロ契約が決まり、アルバム制作を開始する。

2000年、デビューシングル『There You Go』を発売し、全米7位にランクイン。デビューアルバム『Can’t Take Me Home』は、アメリカ、イギリス、オーストラリアなど各国のヒットチャートにランクインし、全世界で大ヒットを記録した。

2001年、クリスティーナ・アギレラ、リル・キム、マイアと歌った映画『ムーラン・ルージュ』の主題歌『Lady Marmalade』が、全米シングル・チャートで5週連続1位の大ヒットを記録。グラミー賞の最優秀ポップ・コラボレーション賞を受賞した。2001年に発売されたセカンドアルバム『Missundaztood』は、世界中で1300万枚を売り上げた。2003年には、サードアルバム『Try This』からのシングル曲『Trouble』が大ヒット。このシングルによりピンクは、翌年のグラミー賞最優秀女性ロック・ヴォーカル・パフォーマンス賞を獲得。『Lady Marmalade』以来、ソロとしては初めてのグラミー賞受賞となり、名実ともにスターの地位を確立した。

2016年公開の映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』の主題歌『Just Like Fire』は、グラミー賞にノミネートされた。

 

アルバム

リリース年/タイトル
2000/Can’t Take Me Home
2001/Missundaztood
2003/Try This
2006/I'm Not Dead
2008/Funhouse
2012/Truth About Love
2017/Beautiful Trauma
2019/Hurts 2B Human

 

ピンクの家族

ハリウッド殿堂入りのセレモニーに家族と出席したピンク。左から娘ウィローちゃん、息子ジェムソンくん、ピンク、夫ケアリー・ハート。
Photo:Getty Images

2006年にモトクロス・ライダーのケアリー・ハートと結婚するも、2008年に破局。同年に発表したシングル『So What』では「ダンナとはもう終わったの(でも、だから何?)」と歌う赤裸々な歌詞が話題になり、ミュージックビデオには夫本人が出演するなど、世間を驚かせた。現在は復縁し、娘のウィローちゃんと息子のジェムソンくんのふたりの子宝にも恵まれた。

映画『グレイテスト・ショーマン』のカバーアルバムで、ピンクとともにレコーディングに参加した娘ウィローちゃん。
Photo:Getty Images

2018年には、大ヒット映画『グレイテスト・ショーマン』(2017年)のカバーアルバム『The Greatest Showman: Reimagined』で、ピンクと一緒に娘ウィローちゃんもレコーディングに参加。母親ゆずりの美声が話題を呼んだ。

>>ピンクの娘、ウィローがレコーディングに挑戦! 可愛らしい歌声にキッズスター誕生の予感!?

>>ピンクの娘ウィロー8歳、仰天ドレスで母を超える個性を発揮!

 

ピンクのエピソード

ピンクと娘ウィローちゃん。
Photo:Getty Images

2017年12月、米雑誌のインタビューで語った長女、ウィローちゃんとの恋バナが注目を集めた。「何人ぐらいの男子と同時に付き合えるのかしら?」と質問されたというピンクは、娘からの大人びた質問に驚きつつも、「きっと誰とも付き合えないわ。だってあなたにふさわしい男子は、そういないもの」と回答。さらに「あなたのボーイフレンドになるためには優しくて礼儀正しく、自分の母親に敬意を持っていて、かっこよくておもしろい子じゃないとね」とパートナー選びのアドバイスをしたという。

また、特別賞を受賞したMTVビデオミュージックアワードのスピーチでは、自分の容姿に悩むウィローちゃんとのエピソードを語った。「自分はブサイク」だと悲しむ娘に、ピンクは「誰かに笑いものにされてママは自分を変えたことはある?」と問いかけたそう。最後に「私が世界中のアリーナを満席にしたのを見たことがある?」という質問に娘がうなずくと、「そうよ、ベイビー。私たちは自分を変えないの」と、ありのままの自分を受け入れ、愛することの大切さを伝えたと語った。ピンクのスピーチには、観客から大きな声援が送られた。

>>ピンク、「一度にたくさんの男の子と付き合いたい」という娘の衝撃発言に返した言葉がお見事!

米ゴシップ誌『People』の表紙に登場したピンクとその娘ウィローちゃん、息子ジェームソンくん。
Photo:Instagram(@people)

2018年4月、ピンクは米ゴシップ誌『People』による毎年恒例の特集「最も美しい女性」に選ばれ、表紙には、ふたりの子どもたち、ウィローちゃんとジェムソンくんとともに登場。2000年代は、歌手として精力的に活動する傍ら、私生活では結婚生活やふたりの育児に奮闘してきたピンク。インタビューでは、育児の苦悩と喜びを赤裸々に告白した。「子どもの前で泣くこともあるの。娘は泣いている私を見て参っていると思うわ。でも娘は、『ママの気持ちをもっと教えて。そうしたら私の気持ちも話す』と言ってくれた。嬉しかったわ」と話した。また、娘には「あなたは自分の権利のために闘わなければならない。女性に男性と同じ給料が支払われないことも、受け入れてはダメ」と、世の中に蔓延する男女差別についても伝えていることを明かした。

>>歌手のピンクが、親子で表紙デビュー! 子育ての苦悩から喜びまで語る

2018年5月、ツイッターで辛辣なバッシングを受けた際のピンクの反撃コメントが話題を集めた。とあるツイッターアカウントから「ピンクってすごく老けてる。パープルに名前を変えた方がいいんじゃない?」と心ない言葉を向けられたピンクは、歯に衣着せぬ物言いで華麗に反撃。「私は歳をとることを、とてもありがたいことだと思っているの。目もとと口まわりのシワは、たくさん笑ったことの証拠。10年後、自分がさらに老けてみえることを祈っているわ。だってそれは、私が生きていることの証だから」とエイジングに対するメッセージを発信した。すると、コメント欄には「すごく共感する!」、「賢くて、美しい女性の象徴だわ。彼女が大好き」などのメッセージがあふれ、10万件弱の「いいね」がつけられた。

>>「老けている」とバッシングを受け、ピンク激怒! ツイッターでの華麗な反撃で、好感度うなぎのぼり

アルバムのコンサートツアー公演中に、母親を失った14歳の少女をハグする姿が話題になったピンク。
Photo:Facebook(Katrina Donkin)

2018年8月、コンサートツアーの最中に「最愛の母を失った」というプラカードを掲げていた14歳の少女に熱いハグをする姿が感動を呼んだ。親子でピンクのファンだった少女は、母親とともにコンサートへ向かう予定だったが、コンサート間近に母親が急死。プラカードを見つけたピンクはコンサートを中断し、少女を抱きしめて励ました。

>>母を失ったファンのために、コンサートを中断したピンク。「天国からのハグ」に世界中が涙

ハリウッド殿堂入りを果たしたピンク。セレモニーには、家族とともに出席した。
Photo:Getty Images

2019年2月、ハリウッド殿堂入りを果たしたピンク。ロサンゼルスで行われたセレモニーには、家族で出席し、満面の笑顔を見せた。殿堂入りについてピンクは「まるで夢のよう」と語った。また、父親とのエピソードにも触れ、「父は私に『自分に正直でいなさい』と教えてくれた。この名誉はその教えを信じ続けたから手に入れられたもの。最も才能があるわけでも、美しいわけでもなくとも、諦めなければ、誰もなり得ない存在になれる」とスピーチ。その力強い言葉は、感動を呼んだ。さらに家族について「私にとって夫はミューズで子どもたちはスター。彼らがいなければ輝くことはできないわ」と話し、自身にとってかけがえのない存在であること、そして家族への感謝の気持ちを伝えた。

>>ハリウッド殿堂入りを果たしたピンク、娘からのメッセージに思わず笑う?

ファッションの今、ファッションのその先へ

You might also like...

RANKING

ALL

NEWS

SNS

EDITORS

FEATURE

WHAT'S NEW