BEAUTY FEATURE

もう迷わない! ベースメイクの基本と旬顔アレンジをMICHIRUさんが伝授

part1. 透明感とツヤが溢れる基本の肌づくりをマスター

  • 1.両頬、額、鼻、アゴの5点にチョンチョンと下地をのせる。肌全体をトーンアップさせ、くすみをコントロールする、ほのかなピンクニュアンスの下地をチョイス。

  • 2.中指と薬指の腹を使って、内側から外側に向かって面で広げて、顔全体に均一に伸ばす。

  • 3.ファンデーションを左右の頬に丸く多めにのせる。「好みやトレンドもありますが、まずは薄づきで自然なツヤの出るファンデーションを。肌となじみやすい美容液タイプのリキッドがおすすめ」(MICHIRUさん)

  • 4.ファンデーションはブラシを使って、頬からフェイスラインに向かって引き上げるように伸ばす。目の下から頬が整っていれば、肌全体がきれいな印象に。頬を仕上げたら、次は額を中心から外に向かって。

  • 5.鼻や口周りなど、細かい部分はブラシに残ったファンデーションをさっと塗る程度。しっかり塗るゾーンとほとんど塗らないゾーンがあることで、自然な立体感が生まれる。

  • 6.くずれやすいTゾーンを中心に、スポンジで軽く押さえて余分な油を取りながら密着させ、フェイスラインの境目をなじませる。

  • 7.コンシーラーで影とくすみを補正。気になるシミやニキビ跡だけでなく、目頭の下や目尻、まぶた、小鼻のキワ、口角などくすみが目立つ部分に、指の腹でトントンと叩き込む。

  • 8.クリームチークで血色を仕込む。笑ったときに一番高くなる部分にポンとのせてから、指の腹でトントンと周りにぼかす。チークとしてではなく、肌にもともとある赤みを加えるイメージなので、広範囲に薄く。

  • 9.ルースパウダーは大きめのブラシでふんわりのせる。ふたの内側に粉を取ってブラシに含ませ、手の甲で量を調節してから肌にオン。

  • 10.ルースパウダーは、Tゾーンと小鼻など、てかりやすい部分と、アイメイクのにじみを防ぐために目周りにもサッと。ツヤが欲しい頬にはのせなくてOK。

  • 11.完成!

ファッションの今、ファッションのその先へ

関連記事

You might also like...

RANKING

ALL

NEWS

SNS

EDITORS

FEATURE

WHAT'S NEW