【手土産】にも! こんなにおいしくていいの!? ラデュレの新食感チョコレート「ウジェニー」に夢中です #深夜のこっそり話 #1920

甘い vs しょっぱいなら確実にしょっぱい派なのですが、それでも時折、いくつでも食べたくなるスイーツに出合うことがあります。そんな中のひとつが、昨年の9月に上陸していたラデュレのマカロンならぬ(もちろんマカロンも大好き!)、「ウジェニー」。言わずと知れたフランス皇帝ナポレオン3世の皇后で、19世紀当時のトレンドセッターだったウジェニー・ド・モンティジョの名にちなんだチョコレートです。ある展示会にてウジェニーと紅茶でおもてなしいただいた時、恥を忍んで「もうひとついただいていいですか…?」とおかわりをお願いしてしまったくらいの一目惚れでした。

ラデュレの魅力はマカロンだけじゃない!

【手土産】にも! こんなにおいしくていいの画像_1
Lの刻印がアイコニック。手前から時計回りに、テ・マリー・アントワネット、ショコラ、イスパハン、ヴァニーユ、キャラメル、ピスタッシュ、ローズ

ラデュレがスイーツ監修で関わった映画『マリー・アントワネット』(2007年)からの日本上陸(2008年)には当時ワクワクしたものですが、やっぱりスペシャリテのマカロンのイメージが強かったのですよね。ウジェニーの丸いフォルムやパステルカラーはマカロンにも通じるものがありますが、もっと薄くて大きめのサイズ感。

【手土産】にも! こんなにおいしくていいの画像_2
イスパハンを半分に割ってみました

食感はマカロンがサクッ&しっとりだとしたら、ウジェニーはパリッ&なめらか&サクッなイメージです。グルテンフリーのサブレと風味豊かなフィリングが、美しい色合いの薄手のチョコレート(自然の着色料だそうです)でコーティングされています。

全7フレーバーをご紹介!

ウジェニーの魅力をお伝えしたく、贅沢にも全種購入してきたので、ひとつずつご紹介します!

イスパハン

ラデュレの「ウジェニー」 イスパハン

アイコニックなイスパハンは、日本先行発売フレーバー。フィリングはバラとフランボワーズとライチ。コーティングはホワイトチョコレート。甘酸っぱさがたまらない!

ショコラ

ラデュレの「ウジェニー」 ショコラ

フィリングはニアンボ68%のチョコレートとキャラメル。コーティングはダークチョコレート。甘すぎずビターな大人の味わい。

ピスタッシュ

ラデュレの「ウジェニー」 ピスタッシュ

フィリングはフルール・ド・セル入りのシチリア産ピスタチオのプラリネ。コーティングはホワイトチョコレート。ピスタチオの濃厚な風味を楽しめます。

テ・マリー・アントワネット

ラデュレの「ウジェニー」 テ・マリー・アントワネット

フィリングはラデュレのオリジナルティー「テ・マリー・アントワネット」が香るキャラメル。コーティングはホワイトチョコレート。バラやジャスミン、柑橘、ハチミツをブレンドした豊かな風味とパステルブルーがぴったりで、私のいちばんのお気に入り♡

ヴァニーユ

ラデュレの「ウジェニー」 ヴァニーユ

フィリングはマダガスカル産のバニラビーンズ入り。コーティングはバニラビーンズ入りのホワイトチョコレート。バニラとホワイトチョコレートの相性抜群。

ローズ

ラデュレの「ウジェニー」 ローズ

フィリングはローズとライチ。コーティングはホワイトチョコレート。ローズ&ライチ風味のイスパハンと方向性は同じながら、華やかなバラの香りをより感じます。

キャラメル

ラデュレの「ウジェニー」 キャラメル

フィリングはフルール・ド・セル入りのキャラメル。コーティングはミルクチョコレート。口に入れると香ばしさがたちのぼります。

ご褒美スイーツとしても手土産としても間違いない!

なお、マカロンがひとつ395円なのに対し、ウジェニーは476円…。私の感覚ではかなり高級なのですが、日持ちが30日以上(ラデュレオンラインブティックの記載)、保管の際の適温は15~18℃ということで取り扱いやすいのがポイントで、手土産にもぴったり。特別なお菓子としてアリなんじゃないでしょうか!

【手土産】にも! こんなにおいしくていいの画像_10
この箱のサイズだと6個入ります

今回は完全に自分用なので単品で買いましたが、美しいギフトボックス入りのセット(6個入り/12個入り/18個入り)はオンラインブティックでも購入できるので、気になる方はぜひお試しを。

エディターMATSUEプロフィール画像
エディターMATSUE

モードとカルチャーの狭間で15年。音楽と鉱石とフレンチフライから逃れられません。

記事一覧を見る

FEATURE