乗松美奈子の 「ミナコラム」

モードラバーがチェックすべき、次なるファッション都市、トビリシへ

  • マスキュリンなスーツやラップコートなど、定番のシルエットに素材使いで遊びを加えたルックは、アヌーキの最新コレクションを象徴するもの。

  • 2010年にデビューすると、すぐにニューホープと騒がれたゲオルゲ・ケブリアは今回、幾何学模様と色で遊んで。アイウエアのラインも人気の彼の新作、ちびサングラスにも注目。

  • シチュアショニスト。テイラリングに磨きをかけた新コレクションは、旧ソ連時代を思わせるハードな路線から、洗練されたフェミニンな服作りへの過度期を意味するのかも。

  • 40歳の女性デザイナー、Aka Nanitashviliによるアカナニータ(Akananita)は2009年にスタート、最近はパリの大手展示会トラノイにも出品。新作はカントリーとストリートを程よくミックス。

  • ゴラダミアン(Goladamian)の持ち味は、キッチュ&カラフル。フェミニンなメンズに対し、アスレジャー?なウイメンズで今回ドレスに落とし込んだのは、フィギュア・スケートの衣装。

  • ファスナー使いのローファー・コレクション、ル・モカサン・ジペ(Le Mocassin Zippé)の新作より。上段右:両足を一緒にして、ファスナーを閉めた状態。右下:ランニングマシーンを歩くプレゼンテーション。左:デザイナーのケテヴァン・マイサイア(Ketevane Maissaia)

  • トビリシ出身、ロシアで活躍するコンセプチュアルなアレクサンダー・アルチュノフ(Alexander Arutyunov)は、強調された構築的なシルエットをレディライクな小物使いで。

  • スケーターに人気、ユニセックスのストリートウエアLTFRは、サーカス小屋の円形舞台でモデルたちが模型やおもちゃで遊ぶという設定のプレゼンテーション。

  • 右:トビリシっ子ご用達ブランド、マテリエル(Materiel)では、毎年2人の現地デザイナーをゲストに迎える。その一人、Aleksandre Akhalkatsishviliはソフト&ハードを提案。左:彼自身のランウェイから、テイラードを再解釈したスーツ。

ファッション・ジャーナリスト 乗松美奈子

ファッション・ジャーナリスト 乗松美奈子

パリ在住。ファッション業界における幅広い人脈を生かしたインタビューやライフスタイルルポなどに定評が。私服スタイルも人気。

https://www.instagram.com/minakoparis/

ファッションの今、ファッションのその先へ

関連記事

You might also like...

RANKING

ALL

NEWS

SNS

EDITORS

FEATURE

WHAT'S NEW