乗松美奈子の 「ミナコラム」

今いちばん新しくて面白いおしゃれ都市、トビリシってどんな街?

  • アヌーキのショップはさんさんと光が差し込み、観葉植物が並ぶ心地いいスペース。(2 Tarkhnishvili St.) 右下は私が購入したスパンコールのボクサーショーツ。

  • ロリータ(N5, 3 Tamar Chovelidza Str.)で食したのはビーツのスープと、ジョージア名物の卵を落としたチーズパン“ハチャプリ”。

  • ホステルとカフェやショップの複合スペース、Fabrika 8 Egnate Ninoshvili。右:メインのカフェ。左:週末にファブリカの中庭で開かれるフリーマーケットには、デッドストックのドレスが。

  • 右:Project Art Beat(Ingorokva Str. N14)のファウンダーの一人、Natia Bukia。Maia Naverianiの作品の前で。左:同ギャラリーの移動スペースで展示された、ソ連時代のバス停の写真。

  • 前回の投稿で紹介したマテリエル(Materiel)のショップ(Kote Afkhazi 22)で見つけた、現地ブランドのジュエリー。左:プレタポルテのブランド、リヤ(Liya)のイヤリング。右下:ジュエリーのブランド、サカレリ(Saqareli)

  • Mercedes-Benz Fashion Week Tbilisiの今シーズンのメイン会場は、“英雄の広場”を登った所にあるサーカス小屋。1939年建造で、ソ連時代の名残を残す。

  • ソ連時代の遺物は、街のあちこちに点在。公園の一角、時代がかったクーラーがある朽ち果てた壁には、こんな胸像が並んで。

  • トビリシのアップカミング・モデル。左:トムボーイなルックのTiko Jijelava。右:ほぼ全てのショーを歩いたNina Potskhishvili Zhongは、ハーフ・チャイニーズ。

  • トビリシで見かけたおしゃれさん抜粋。左:カオスのショップスタッフたち。右:お隣の国アゼルバイジャンから来ていた、イラストレーター&デザイナーのFidan Sadig。

  • スタンバの客室。左:カーテン仕切りのクロゼットにワードローブを並べて、滞在スタート。右上:アメニティは全て、メゾン マルジェラ。右下:レザー仕立てのベッド。

  • スタンバの朝ごはんで病みつきになったのは、くるみのシロップ漬け(左手前)。右上:コーヒーは自家焙煎で。右下:レストランにはPublishing Houseの文字。

  • スタンバ(14 M Kostava St.) のロビー周り。左:コンクリートの枠組みが圧巻。右上:書棚の向こうに見える怪しい?光は、カジノの入り口。右下:超モダンな暖炉。

ファッション・ジャーナリスト 乗松美奈子

ファッション・ジャーナリスト 乗松美奈子

パリ在住。ファッション業界における幅広い人脈を生かしたインタビューやライフスタイルルポなどに定評が。私服スタイルも人気。

https://www.instagram.com/minakoparis/

ファッションの今、ファッションのその先へ

関連記事

You might also like...

RANKING

ALL

NEWS

SNS

EDITORS

FEATURE

WHAT'S NEW