乗松美奈子の 「ミナコラム」

モード偏差値が高い人、必見! ファッション、アートが活気付く街、キエフ

  • ルポとファッションをミックスした、ジュリー・ポリーの写真展出品作品。電車の乗務員としてのアルバイトをしていた経験から、彼女は駅での様々なシーンをとらえたそう。

  • ジュリー・ポリーの展覧会 “Ukrzaliznytsia” では、大きなウクライナ鉄道ターミナル駅の至るところに、大判の写真がライトボックスで展示された。

  • コンセプトストア、アトリエ1。右:ウクライナの新進デザイナー、ユリア・エフィミチェック(Yulia Yefimtchuk)のラック。左:大通りを一歩入った中庭に面した小さな入り口から、店内へ。Shevchenko Bulvar 10

  • アトリエ1にて、最新コレクションを披露するヤクシンの二人組。右がディマ・チャユン(Dima Chayun)、左がアントン・ヤクシン(Anton Yakshyn)。

  • コンセプトストア、アシュトヒック。右:地元のアーティスト、マーシャ・レヴァによる壁画。彼女は同店のために、コンバースにも手描きイラストを。左:イエンキ・イエンキのラック。Lesya Ukrainka Blvd. 7A

  • ウクライナ・ファッションウイークの一環として開かれた、イエンキ・イエンキのプレゼンテーション。新作もカラー・バリエーション豊富に。

  • 右:キエフのモンマルトルと呼ばれる名所、アンドレイ坂に並ぶお土産屋さんで見つけた民族衣装、ヴィシヴァンカ。左:ヴィシヴァンカのリュクス版、ヴィタキンはアシュトヒックにて。

  • 伝統的なセレモニーを模してキャンプファイアを囲んで披露された、ジャルダン・エグゾティックの19春夏コレクション。

  • 今回のウクライナ・ファッションウイークで群を抜いていたのはリトアニアからのゲスト、サンドラ・ストラウカイテのアーバン・スポーティなコレクション。

  • キエフ郊外レスノーの巨大な古着市には地元のデザイナーたちがインスピレーション探しに通うときいていたけれど、ソフィア・ロッスィノヴィッチ(中央のブロンドの女性)によるロッスィン(Roussin)のショーを見て、納得! ‘80sの現代版。

  • クセニア・シュナイダーお勧めのレストラン、ショー。ウクライナの農家をモダンに解釈した内装で、メニューは伝統的な家庭料理のモダン・バージョン。Shomechnikova 18

  • レストラン、ショー。右:ビーツの酸味が程よく、意外と軽めで平らげてしまった、ボルシチ。左:店内では、至るところに地元の工芸品を思わせる装飾が。

  • 街中で見かけた、旧ソ連の名残。右:クセニアお勧め、ピンチュク・アートセンターのポスター。1/3-2 Velyka Vasylkivska / Baseyna str. 左:永遠の栄光公園近くの建物

ファッション・ジャーナリスト 乗松美奈子

ファッション・ジャーナリスト 乗松美奈子

パリ在住。ファッション業界における幅広い人脈を生かしたインタビューやライフスタイルルポなどに定評が。私服スタイルも人気。

https://www.instagram.com/minakoparis/

ファッションの今、ファッションのその先へ

関連記事

You might also like...

RANKING

ALL

NEWS

SNS

EDITORS

FEATURE

WHAT'S NEW