乗松美奈子の 「ミナコラム」

いかつくてレトロ。そしてオルタナティブな街、モスクワ

  • 右:モスクワの街には、ロシア構成主義の巨大な建物がたくさん。左:ロシアでおなじみのチョコレートは、レトロなパッケージ。アールヌーボー様式の老舗食品店ELISEEVSKYにて。

  • 住所にちなんで名付けられたコンセプトショップ、KM20。店内ゴーシャ・ラブチンスキーのコーナーは、スタジアム風のつくり。Kuznetsky Most20

  • 六角形の窓と円錐形の作りで知られるコンスタンチン・メーリニコフの代表作品、メーリニコフ・ハウス。Krivoarbatsky Lane, 10

  • ゴーシャ・ラブチンスキーによるスケーター・ショップ、オクトーバー。彼自身のスポーツウェアのブランド、ラスヴェットも。Bolshaya Molchanovka, 30/7

  • ガラージュ現代アート美術館。左:2019年2月3日までは、ベルギーのアーティストMarcel Broodthaers によるPoetry and images 展を開催中。9/32 Krymsky Val st

  • ヒップなバーやレストラン、ギャラリー、ショップなどの複合施設、レッドオクトーバ内のレストラン、チーズ・ファクトリー。Krasny Oktyabr

  • フレッシュ・スパ・バイ・ナチュラ・シベリカ 右:樽の形の一人用サウナ。左:マスク類は新鮮なプロダクツを使ってその場で調合。4, Tverskaya str

  • モスクワでは、必ずメトロに乗るべき!天井のレリーフ、アール・デコ調のランプやら旧ソ連スタイルの巨大な彫刻などが見事。

  • 市の中心から北東に車で40分ほど走ったところにある、イズマイロフ市場(Izmailovo Kremlin)。敷地内のメインスポット、ツーリスティックなお土産屋産の軒を抜けると、奥にはフリーマーケットが。

  • チェーン・レストランのヴァレーニチナヤNo.1(Varenichnaya No 1)もマスト!旧ソ連を思わせるレトロなインテリアで、ボルシチやピロシキ、そして水餃子に似たスープ、ヴァレニキを。Arbat Street 29

  • ちょっと贅沢するなら、モダンロシア料理の新スポット、ドクトル・ジヴァゴへ。15/1 Mokhovaya Str. National Hotel Moscow

  • 近代〜現代アートの美術館、ニュー・トレチャコフではロシアを代表するアーティスト、イリヤ&エミリア・カバコフの展覧会Not Everyone Will Be Taken Into the Future展を開催中(1月13日まで)

ファッション・ジャーナリスト 乗松美奈子

ファッション・ジャーナリスト 乗松美奈子

パリ在住。ファッション業界における幅広い人脈を生かしたインタビューやライフスタイルルポなどに定評が。私服スタイルも人気。

https://www.instagram.com/minakoparis/

ファッションの今、ファッションのその先へ

関連記事

You might also like...

RANKING

ALL

NEWS

SNS

EDITORS

FEATURE

WHAT'S NEW